フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「地下生活卅三年」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「竹林院不明の間」 »

2023/12/05

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「羊」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Hituji_20231205065301

 

     

 

 

 にんじんは、最初、もやもやした丸いものが、飛んだり跳ねたりしてゐるのしかわからなかつた。それが、けたゝましい、どれがどれやらわからない聲を立てる。學校の子供が、雨天體操場で遊んでゐる時のやうだ。そのうちの一つが彼の脚の間へ飛び込む。ちよいと氣味がわるい。もう一つが、天窓の明りの中を躍り上つた。仔(こ)羊だ。にんじんは、怖わかつたのが可笑しく、微笑む。服がだんだん暗闇に慣れると、細かな部分がはつきりして來る。[やぶちゃん注:「微笑む」「ほほゑむ」。]

 分娩期が始まつてゐる。百姓のパジヨオルは、每朝數へてみると、仔羊が二三匹ふえてゐる。それは、母親たちの間をうろつき、不器用(ぶきつちよ)なからだつきで、粗(あら)く彫(ほ)つた四本の棒切れのやうな脚を、ぷるぷる顫(ふる)はせてゐる。

 にんじんは、まだ撫でゝみる氣がしない。そのうちで、圖々しいのが、そろそろ彼の靴をしやぶりはじめる。或は一すべの枯草を口に咬へ、前足を彼の方へのせかける。[やぶちゃん注:「一すべ」「一稭(ひとすべ)」。藁(わら)の穂の芯。藁蘂(わらしべ)。「ひとすべ」は「一本・一摑み」という意。「わらしべ」(稻藁の芯・くず)から派生した言葉であろう。]

 年を取つた、一週間目ぐらゐのやつは、後半身にやたら力を入れすぎて、からだが伸びたやうになり、宙に浮きながら電光形に步く。一日經(た)つたやつは、瘠せてゐて、角(かど)ばつた膝をがくりと突き、すぐ、元氣いつぱいに起ち上る。生れたての赤ん坊は粘(ねば)ねばだ。甞めてないのだ。その母親は、水氣で膨らんだ財布が、ゆさゆさ搖れる。それが邪魔なので、子供を頭で刎ね飛ばす。[やぶちゃん注:「甞めて」「なめて」。「水氣」戦後版では、『すいき』とルビする。「刎ね」「はね」。]

 「不都合な母親だ」

と、にんじんは云ふ。

 「畜生でも人間でも、そこはおんなじさ」

と、パジヨオルはいふ。

 「きつと、乳母にでも預けたいんだらう、こやつ」

 「まあ、そんなとこさ」と、パジヨオルが云ふ――「一疋から上になると、哺乳器つてやつをあてがはにやならん。藥屋で賣つてる、あゝいふやつさ。長くは續かねえ。母親が不憫がるだよ。尤も、艷消しにしとくだ」[やぶちゃん注:以上のパジョオルの台詞は意味が分かりにくい。特に最後が意味不明である。原作の当該部分は以下の通り。“Presque, dit Pajol. Il faut à plus d'un donner le biberon, un biberon comme ceux qu'on achète au pharmacien. Ça ne dure pas, la mère s'attendrit. D'ailleurs, on les mate.”さて、この“D'ailleurs, on les mate”、“ailleurs”は「別な方法で持って」の意であり、“mate”はチェスの「チェック・メイト」(王手)の「メイト」の動詞形で、「相手を押し込める」とか、「負かす」といふ意味であろう。さすれば、ここはパジョオルがそういう時には、「手荒い別な手法でもって、母羊に授乳させるように仕向けるのさ。」といふ意味ではなかろうか。昭和四五(一九七〇)年明治図書刊の倉田清訳の「にんじん」では、『一匹以上になったら、哺乳器(ほにゅうき)をやらなくちゃならない、薬屋で買うようなのを。でも、そんなに長くは続かない、母親が悲しくなるからな。とにかく、哺乳器じゃ子羊たちがかわいそうだ。』と訳し(この最後の部分は意訳に過ぎる気がする)、一九九五年臨川書店刊の『全集』第三巻の佃裕文訳の当該部分は『一頭ならず、哺乳瓶を与えなきゃならんのだ。薬局で買うようなヤツをな。母羊の愛情も戻っつてくるから、そうながいことではないがね。それに連中には言うことをきかせるしな。』と訳す。少なくとも良訳は一目瞭然である。岸田氏は哺乳瓶の中身が市販の牛乳であることを母羊に判らないようにするため、中身が見えてしまう透明なガラス・ボトルでない「艶消しガラス」を施したのを宛がう、という意味で採ってしまったものと推察する。]

 彼は、親羊を抱き上げ、檻の中へ、そいつを別に入れる。頸へ藁の襟飾(ネクタイ)を結びつける。逃げた時にわかるやうにだ。仔羊は、その後について行つた。牝羊は鑢(やすり)のやうな音を立てて食つてゐる。すると、仔羊は、身顫ひをし、軟らかな脚を踏ん張り、鼻先へべろべろのものをいつぱいくつつけ、哀れつぽい調子で、乳をしやぶりたがる。

 「この母親にでも、いまにまた、人情つてものがもつと出るのかねえ」

 にんじんは云ふ。

 「尻(けつ)がもともと通りなほりや、むろんさね。お產が重かつたゞから・・・」

 パジヨオルが云ふ。

 「僕は、やつぱり、さつき云つたやうにした方がいゝと思ふなあ。どうして、しばらくの間、子供の世話をほかの牝羊にさせないのさ」

 「あつちで斷はらあね」

 なるほど、小屋の隅々から、母親たちの鳴き聲が交錯し、授乳の時刻を告げてゐる。それが、にんじんの耳には一律單調であるが、仔羊にとつては何處かに違ひがあるのだ。なぜなら、めいめいが、間誤つきもせず、一直線に母親の乳房へ飛びつくのである。[やぶちゃん注:「間誤つき」「まごつき」。]

 「此處ぢや、子供を盜んだりする女はゐねえ」

 バジヨオルが云ふ。

 「不思議だ、こんな毛糸の玉に、家族つていふ本能があるのは・・・」にんじんは云ふ――「なんて說明するかだ。鼻が銳敏なせいかも知れない」

 彼は、試しに、どれか一つ、鼻を塞いでみようと思つたくらゐだ。

 彼はまた、それからそれへ、人間と羊とを比較した。そして、仔羊の名前が知りたくなつた。

 仔羊たちが、ごくごく乳を吸つてゐる間、おつ母さん連は、脇腹を鼻の頭で激しく小突かれながら、安らかに、素知らぬ顏で、口を動かしてゐる。にんじんは、株槽(かひをけ)の水の中に、鎖のちぎれたのとか、車の轍(わだち)とか、すり切れたシヤベルなどがはひつてゐるのを見た。

 「こいつは綺麗だ、この株槽(かいをけ)は・・・」と、にんじんは、小賢(こざか)しい調子で云つた――「なるほど。金物を入れて、血を殖(ふ)やそうつてわけだね」

 「その通り。おめえだつて、丸藥を飮まされるだらう」

 彼は、にんじんに、その水を飮んでみろと勸める。もつと滋養分をつけるために、彼は、その中へなんでも抛り込むのである。

 「ダニ公をやろうか、ダニ公を・・・」

と、ハジヨオルは云ふ。

 「あゝ、おくれ。ありがたいぞ」

 にんじんは、何か知らずに、さう云つてみた。

 パジヨオルは、母(おや)羊の深い毛を搔き分けて、爪先で、一匹の、黃色い、丸い、肥つた、滿腹らしい、凄く大きなダニをつかまへた。パジヨオルに從へば、この手のダニが二疋もゐれば、子供の頭ぐらい李(すもゝ)のやうに食べてしまふといふのだ。彼は、そいつをにんじんの掌(てのひら)へのせた。そして、若し戲談なり惡戲なりがしたければ、兄貴や姉さんの、頸筋か髮の毛の中を逼(は)はしてやれと勸める。[やぶちゃん注:「逼(は)はして」の漢字はママ。複数回、既出既注。岸田氏の「這」の意の思い込み誤用。]

 もう、ダニは仕事にかゝり、皮膚を襲ひ出した。にんじんは指にちくちくと痛みを感じた。霙(みぞれ)が降つてゐるようだ。やがて、手頸、それから肱だ。ダニが無數に殖え、腕から肩へ食ひ上がつて行く氣持だ。

 えゝい、どうにでもなれ・・・にんじんは、そいつを握り締めた。潰してしまつたのだ。で、その手をパジヨオルが見てないふちに、牝羊の背中へこすりつけた。

 失(な)くなしたと云へばいゝのだ。

 それから一つ時、にんじんは、ぢつと、羊の啼聲を聽いてゐた。それが、だんだん鎭まつて行く。と、間もなく、乾草(ほしぐさ)がのろい頤の間で嚙み碎かれる鈍い音の外、なんにも聞えなくなる。

 縞の消えた廣袖(ひろそで)マントが、飼棚(かひだな)の柵にひつかかつて、それが、たゞ一つ、羊の番をしてゐるらしく見える。

 

[やぶちゃん注:原本はここから。

「車の轍」この「轍(わだち)」といふのは、日本語としておかしい。“cercles de roues”は、荷車等の「鐵輪(かなわ)」そのものを指す語である。鉄製の車輪、若しくは、木製車輪を補強するために打ち込まれた鉄の輪(又は単なる補強用に張りつけた鉄板)の破片ということである。

「株槽(かひをけ)」牛馬の餌として與える草や藁・穀類などの秣(まぐさ:馬草)を入れておく桶。かいばおけ。

「ダニ」恐らく節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目マダニ亜目Ixodoideaに属するマダニ属 Ixodes の一種と見てよい。シュルッエマダニ Ixodes persulcatus の十全に血を吸った満腹になった個体は、娘たちの長女と次女のアリス(孰れもビーグル犬)に食いついた奴を、何度か見たことがあるが、彼奴等は、吸血すると、途轍もなく大きく、想像を絶する形(スモモとは大袈裟だが、大豆の大きさは普通)になる。このシュルッエマダニはライム病・ダニ媒介性脳炎を媒介するため、棲息する東ヨーロッパ(フランスには分布しないようである。マダニの種は分布に片寄りがあり、種同定は難しい)やロシアでは恐れられている。

「廣袖(ひろそで)マント」原文は“limousine”で、これは当時、車夫や農夫が着用した白黒の縞の入つた粗い毛で作った外套の名。ちなみに、仏語辞典によれば、これが現在の「リムジン」と言う語(箱自動車)のルーツらしい。

「飼棚」これは秣(まぐさ)を入れておくための橫に組んだ棚であるらしい。]

 

 

 

 

    Les Moutons

 

   Poil de Carotte n’aperçoit d’abord que de vagues boules sautantes. Elles poussent des cris étourdissants et mêlés, comme des enfants qui jouent sous un préau d’école. L’une d’elles se jette dans ses jambes, et il en éprouve quelque malaise. Une autre bondit en pleine projection de lucarne. C’est un agneau. Poil de Carotte sourit d’avoir eu peur. Ses yeux s’habituent graduellement à l’obscurité, et les détails se précisent.

   L’époque des naissances a commencé. Chaque matin, le fermier Pajol compte deux ou trois agneaux de plus. Il les trouve égarés parmi les mères, gauches, flageolant sur leurs pattes raides : quatre morceaux de bois d’une sculpture grossière.

   Poil de Carotte n’ose pas encore les caresser. Plus hardis, ils suçotent déjà ses souliers, ou posent leurs pieds de devant sur lui, un brin de foin dans la bouche.

   Les vieux, ceux d’une semaine, se détendent d’un violent effort de l’arrière-train et exécutent un zigzag en l’air. Ceux d’un jour, maigres, tombent sur leurs genoux anguleux, pour se relever pleins de vie. Un petit qui vient de naître se traîne, visqueux et non léché. Sa mère, gênée par sa bourse gonflée d’eau et ballottante, le repousse à coups de tête.

   Une mauvaise mère ! dit Poil de Carotte.

   C’est chez les bêtes comme chez le monde, dit Pajol.

   Elle voudrait, sans doute, le mettre en nourrice.

   Presque, dit Pajol. Il faut à plus d’un donner le biberon, un biberon comme ceux qu’on achète au pharmacien. Ça ne dure pas, la mère s’attendrit. D’ailleurs, on les mate.

   Il la prend par les épaules et l’isole dans une cage. Il lui noue au cou une cravate de paille pour la reconnaître, si elle s’échappe. L’agneau l’a suivie. La brebis mange avec un bruit de râpe, et le petit, frissonnant, se dresse sur ses membres mous, essaie de téter, plaintif, le museau enveloppé d’une gelée tremblante.

   Et vous croyez qu’elle reviendra à des sentiments plus humains ? dit Poil de Carotte.

   Oui, quand son derrière sera guéri, dit Pajol : elle a eu des couches dures.

   Je tiens à mon idée, dit Poil de Carotte. Pourquoi ne pas confier provisoirement le petit aux soins d’une étrangère ?

   Elle le refuserait, dit Pajol.

   En effet, des quatre coins de l’écurie, les bêlements des mères se croisent, sonnent l’heure des tétées et, monotones aux oreilles de Poil de Carotte, sont nuancés pour les agneaux, car, sans confusion, chacun se précipite droit aux tétines maternelles.

   Ici, dit Pajol, point de voleuses d’enfants.

   Bizarre, dit Poil de Carotte, cet instinct de la famille chez ces ballots de laine. Comment l’expliquer ? Peut-être par la finesse de leur nez.

   Il a presque envie d’en boucher un, pour voir.

   Il compare profondément les hommes avec les moutons, et voudrait connaître les petits noms des agneaux.

   Tandis qu’avides ils sucent, leurs mamans, les flancs battus de brusques coups de nez, mangent, paisibles, indifférentes.

   Poil de Carotte remarque dans l’eau d’une auge des débris de chaînes, des cercles de roues, une pelle usée.

   Elle est propre, votre auge ! dit-il d’un ton fin. Assurément, vous enrichissez le sang des bêtes au moyen de cette ferraille !

   Comme de juste, dit Pajol. Tu avales bien des pilules, toi !

   Il offre à Poil de Carotte de goûter l’eau. Afin qu’elle devienne encore plus fortifiante, il y jette n’importe quoi.

   Veux-tu un berdin ? dit-il.

   Volontiers, dit Poil de Carotte sans savoir ; merci d’avance.

   Pajol fouille l’épaisse laine d’une mère et attrape avec ses ongles un berdin jaune, rond, dodu, repu, énorme. Selon Pajol, deux de cette taille dévoreraient la tête d’un enfant comme une prune. Il le met au creux de la main de Poil de Carotte et l’engage, s’il veut rire et s’amuser, à le fourrer dans le cou ou les cheveux de ses frère et soeur.

   Déjà le berdin travaille, attaque la peau. Poil de Carotte éprouve des picotements aux doigts, comme s’il tombait du grésil. Bientôt au poignet, ils gagnent le coude. Il semble que le berdin se multiplie, qu’il va ronger le bras jusqu’à l’épaule.

   Tant pis, Poil de Carotte le serre ; il l’écrase et essuie sa main sur le dos d’une brebis, sans que Pajol s’en aperçoive.

   Il dira qu’il l’a perdu.

   Un instant encore, Poil de Carotte écoute, recueilli, les bêlements qui se calment peu à peu. Tout à l’heure, on n’entendra plus que le bruissement sourd du foin broyé entre les mâchoires lentes.

   Accrochée à un barreau de râtelier, une limousine aux raies éteintes semble garder les moutons toute seule.

 

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「地下生活卅三年」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「竹林院不明の間」 »