フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (110) 三吉鬼 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (112) 与四郎と狂える狼の戦い »

2023/12/28

只野真葛 むかしばなし (111) 菅野三郎左衛門、山女に逢う

 

一、手前家中(かちゆう)に菅野三郞左衞門といふ者、若年のころ、奧山にいりて、日々、たき木をとりしに、ある時、朝、例より、はやくいでゝ、薪(たきぎ)とりしに、やうやう、朝日のあがる頃、むかひの山の中ほどを、橫にとほるもの、有(あり)。

 よく見れば、女の、髮の洗(あらひ)たるさまにて來(きた)るを、

『あやしや。人もかよわぬ此山へ、早朝といひ、女のたゞ壱人(ひとり)、しかも洗髮(あらひがみ)にて、とほるべきよし、なし。』

と、おもひて、まもりゐしに、眞むかひに立(たち)どまりて、ふと、このかたを見むきしに、色、白く、肌、うるはしく、朝日に、てりて、うつくしき女なり。

 眼中(まなこうち)の、いやなること、更に人間とおもはれず。

 松に、かくれて、かたちは見へ[やぶちゃん注:ママ。]ざりしが、身の毛、たちて、おそろしくおぼへしほどに、つかねかけたる木を、すてゝ、あとをも見ず、一さんに山を、にげくだり、其後(そののち)ふたゝび、その山へは、ゆかざりし、とぞ。

 追(おつ)て考(かんがへ)るに、其松の木共(ども)、若松ながら、みな、壱丈餘(あまり)の木なりしに、其うへより、かしらの見へしは、丈のたかきも、しられたりし。

 かしらのおほきさも、二尺餘ばかりも有しとおもひいづるにつけて、あやしき事なりし。

「世にいふ『山女(やまをんな)』のたぐひならんか。」

と、いひあへりし、とぞ。

[やぶちゃん注:本話は「奥州ばなし 三郞次」と同話である。「山女」その他の注を附してあるので、そちらを見られたい。『柳田國男「妖怪談義」(全)正規表現版 山男の家庭』も参考になろう。]

« 只野真葛 むかしばなし (110) 三吉鬼 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (112) 与四郎と狂える狼の戦い »