フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (81) 徹頭徹尾奇体な茶席 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (83) »

2023/12/23

只野真葛 むかしばなし (82)

 

○又、或町醫、御出入を望(のぞみ)し人ありしが、度々、御長屋まで來りて願(ねがひ)しを、御取上もなきやいなや、たえて御沙汰もなかりし、とぞ。

 ある日、夕方より、嵐して、風、强く、雨ふる夜、出羽樣より、

「急病用。」

とて、四枚がたの駕(かご)、迎(むかへに來りしかば、願所(ねがふところ)と悅(よろこび)て、取物も、とりあいず[やぶちゃん注:ママ。]、いそぎ、駕に乘りて出(いで)しに、どこへ行(ゆく)ことか、やたらに、かつぎ行く。

 果《はて》、

『もふ[やぶちゃん注:ママ。]、行付(ゆきつき)そふ[やぶちゃん注:ママ。]なもの。』

と思ふと、坂を登り、山の上から、かごを、下へ、おろしたり。

 何かは、しらず、

『合點、ゆかず。』

と思ひ居《を》ると、寂しい道中にて、駕をおろして、手廻共、

「そこへ、でろ、でろ。」

と聲々に呼立(よびたて)る。

 中に、ふるへてゐるを、手を取(とり)て引出(ひきいだ)し、衣類、殘らず、はぎ取(とり)、藥箱とも、駕に入て、一さんに、かつぎ行(ゆく)。

 醫師は、松の木へ、しばり付られて、まぢまぢしてゐると、雨もやみて、おぽろに月も出(いで)たり。

 むかふより、灯燈(ちやうちん)の火、みゆる。

「やれ、うれしや。」

と待間(まつま)ほどなく、前を過行(すぎゆ)けば、

「モシモシ。」

と、聲、かけ、

「かやうかやうの難に逢候間、何卒お慈悲にお助被ㇾ下。」

と、淚ながら語れば、

「やれやれ、それは、さぞ、御難儀ならん。しかし、身に怪我なくて仕合(しあはせ)なり。」

とて、繩を解(とき)、

「是より、此道を、すぐにゆけば、あかりが見えべし。其所(そこ)の主(あるじ)は慈悲ふかき人故、行(ゆき)て賴まれよ。」

と、をしへて、行過(ゆきすぎ)たり。

「有難し。」

と、一禮、のべ、敎(をしへ)の如く行てみれば、すかし垣(がき)に、しおり戸有(あり)て、風雅のすまゐと見えたり。

 立よりて、あなひ[やぶちゃん注:ママ。]を、こひ、ありし事共を語れば、

「それは、さてさて、あぶなき事。幸(さいはひ)、ふろの立(たて)てあれば、先(まづ)、いられよ。」

とて、すぐに、湯殿へ伴なへ[やぶちゃん注:ママ。]行(ゆく)。

 其湯どのの結構、申(まふす)ばかりなし。

 竿(さほ)に懸(かけ)たるゆとりをきて、出)いで)んとする時、

「是にても、召されよ。」

と、何か一重(ひとがさ)ねの衣類を取いでゝ、着せる。

「かさねがさねの御情(おなさけ)、いつの世にか忘るベき。」

と、禮を述(のぶ)れば、

「是を御緣に、御心やすく御出入被ㇾ下たし。承れば、御醫師の由。幸、娘、少々、病氣なれば、容子御覽被ㇾ下よ。」

と賴み、

「まづ、御空腹ならん。」

と奇麗の茶漬めしを出(いだ)し、其後(そののち)、娘らしき女、出て、容子(ようす)みてもらひ、

「お藥箱有合(ありあはせ)の品、是にても御用被ㇾ下。」

と出せしは、先に取(とら)れし我(わが)藥箱故、心付(こころづき)、衣類を見るに、それも、はぎ取れしに違(たがひ)なし。ふしぎ晴(はれ)ねど、粗忽(そこつ)にも、とわれず多[やぶちゃん注:ママ。]、ためろふ[やぶちゃん注:ママ。]内、しづしづと、人を拂ふ音して、

「殿樣の御入成(おいりなり)。」

と、ひしめき、すらすらと、あゆみいでゝ、座に着せられしを見れば、繩をといてくれし飛脚ていのものと、おもえし人なり。

 是、御目通(おめどほり)のはじめなりし、とぞ。

 ちらもなく、廻り道をして、御庭口より通りて、御やしきへ入(いり)しを知らざりしなり。

 枝折戶(しをりど)の家は、御茶屋にて有(あり)し、とぞ。

 此咄しは、江戶中、ぱつと、評判にて、芝居・草ぞうし・讀本類に迄(まで)いでゝ、人のはなしも百色(ももいろ)ばかりなれば、いづれ、實說といふ事、たしかにしり難し。其ひとつをとりて、しるす。

[やぶちゃん注:この事件の張本人は、前の「81」で奇体な茶席をやらかした『秋本樣』で、恐らく、出羽山形藩第二代藩主で館林藩秋元家第八代の秋元永朝(つねとも)かと思われる。]

« 只野真葛 むかしばなし (81) 徹頭徹尾奇体な茶席 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (83) »