フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「辻斬」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「槌子坂の怪」 »

2023/12/08

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「釣針」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Turibari

 

     釣  針

 

 にんじんは、釣つてきた魚(さかな)の鱗(こけ)を、今、はがしてゐる最中だ。河沙魚(かははぜ)、鮒、それに鱸の子までゐる。彼は、小刀でこそげ、腹を裂く。そして、二重(ふたへ)に透きとおつた氣胞(うきぶくろ)を踵でつぶす。膓(わた)はまとめて、これは猫にやるのだ。彼は働いてゐるつもりだ。忙しい。泡で白くなつた桶の上へのしかゝり、一心不亂である。が、着物を濡らさないやうにしてゐる。

 ルピツク夫人が、ちよつと樣子を見に來る。

 「よしよし、これやいゝ。今日は、素敵なフライを釣つて來てくれたね。どうして、お前も、やる時はやるぢやないか」

 さう云つて、彼女は、息子の頸と肩を撫でる。が、その手を引つ込める途端、彼女は苦痛の叫びをあげる。

 指の先へ釣針が刺さつてゐるのだ。

 姉のエルネスチイヌが駈けつける。兄貴のフエリツクスもこれに續く。それから間もなく、ルピツク氏自身がやつて來る。

 「どら、見せてごらん」

と、彼等は云ふ。

 ところが、彼女は、その指をスカートで包み、膝の間へ挾んでゐる、で、針は益々深く喰ひ込むのである。兄貴のフエリツクスと姉のエルネスチイヌが、母親を支え[やぶちゃん注:ママ。]てゐると、一方でルピツク氏は、彼女の腕をつかみ、そいつを引つ張りあげる。すると、指がみんなに見えるやうになる。釣針は表から裏へ突き通つてゐた。

 ルピツク氏は、それを拔かうとしてみる。

 「いや、いや、そんな風にしちや・・・」

 ルピツク夫人は、尖つた聲で叫ぶ。なるほど、釣針は、一方にかへりがあり、一方にとめがあつて、ひつかゝるのである。

 ルピツク氏は、眼鏡をかける。

 「弱つたなあ。針を折らなけれや」

 どうして、それを折るかだ。御亭主も、かうなると手の下しやうがなく、ちよつと力を入れたゞけで、ルピツク夫人は、飛び上がり、泣き喚くのである。何を拔き取られると云ふのだ。心臟か、命か? 尤も、釣針は、良く鍛へた鋼(はがね)で出來てゐる。

 「ぢや、肉を切らなけれや・・・」

 ルピツク氏は云ふ。

 彼は眼鏡を掛け直す。ナイフを出す。そして、指の上を、よくも磨(と)いでない刄でやはらかくこする。無論、刄は通りつこない。彼は押へつける。汗をかく。やつと血が滲み出す。[やぶちゃん注:「刄」前に「ナイフ」とあるから、ここは「は」と読んでおく。戦後版では「刃」で、同じくルビはない。「やいば」と訓じては、事大主義のルピック夫人と同じで、大仰に過ぎるように私には思われる。そちらがサディスティクでお好きな方は、そう読まれるがよかろう。]

 「あいた、た、あいツ・・・」

 ルピツク夫人は叫ぶ。一同は慄へ上る。

 「もつと、早く、父さん」

と、姉のエルネスチイヌが云ふ。

 「そんな風に、ぐつたりしてちや駄目だよ」

 兄貴のフエリツクスが母親に云ふ。

 ルピツク氏は、癇癪が起つて來た。ナイフは、盲滅法に、引裂き、鋸引きだ。ルピツク夫人は、「牛殺し、牛殺し」と喚いてゐるが、はては、氣が遠くなる、幸ひなことに。[やぶちゃん注:ここでルピック氏が叫ぶ台詞は“Boucher ! boucher !”(「ブッシェ! ブシシェ!」)で、「主に牛や羊の肉を売る肉屋の主人」・「 屠畜業者」の他、「残虐非道な男・人殺し」の罵倒する意がある。倉田氏は同じく『「牛殺し、牛殺し。」』であるが、佃氏は『「人殺しい! 人殺しい!」』とする。私なら、佃氏派で「人殺しィ! 人殺しィッツ!」で気を失わせるのがシークエンスとしては自然かと思われる。]

 ルピツク氏は、それを利用する。顏は蒼ざめ、躍氣となり、肉を刻み、掘る。指は、それ自身、血にまみれた傷口だ。そして、そこから、釣針が落ちる。

 やれやれ!

 その間、にんじんは、なんの手助けもしない。母親の最初の悲鳴と一緖に、彼は逃げ出した。踏段に腰をおろし、兩手で頭を抱え[やぶちゃん注:ママ。]、抑も事の起りは・・・と、考へてみた。たぶん、糸を遠くへ投げたつもりでゐたのが、針だけ背中へ引つ掛つてゐたんだらう。で、彼は云ふ――

 「どうも食はなくなつたと思つたら、ぢや、別に不思議(ふしぎ)はないわけだ」[やぶちゃん注:「どうも食はなくなつた思つたら」戦後版は『どうも食わなかったと思ったら』であるが、釣りのシークエンスの推移に従うなら、この戦前版の方がより自然である。]

 彼は、そこで、母親の痛がる聲を聽いてゐる。第一、それが聞こえても、別に悲しい氣持にもならない。もう少し經つて、今度は自分が、彼女よりも大きな聲で、出來るだけ大きな聲で、喉がつぶれるほど喚いてやらうと思つてゐる。さうすれば、彼女は、早速意讐返しができたつもりになり、彼をほうつておくに違ひないからだ。[やぶちゃん注:「意讐返し」意味は判るが、この文字列は見たことがない。ネット検索でも見当たらない。戦後版は普通に『意趣返(いしゅがえ)し』である。誤植とは思われないから、岸田氏の思い込みの誤用であろう。]

 近所の人達が、何事かと思ひ、彼に訊(たず)ねる――

 「どうしたんだい、にんじん?」

 彼は答へない。耳を塞いでしまふ。彼の赤ちやけた頭が引込む。近所の人たちは踏段の下へ列を作り、便りを待つてゐる。

 さうかうするうちに、ルピツク夫人が乘り出して來る。彼女は、產婦のやうに血の氣(け)が薄らいでゐる。しかも一大危險を冐したといふ得意さがつゝみきれず、丁寧に 繃帶を卷いた指を前の方へ差出してゐる。痛みの殘りをぢつと堪(こら)え[やぶちゃん注:ママ。]て、彼女は、その場の人々に笑ひかけ、短い言葉で安心させ、それから、優しく、にんじんに云ふ――

 「母さんをあんな痛い目に遭はして、こいつめ・・・。だけど、母さんは怒つてやしないよ、ね、お前が惡いんづやないもの」

 未だ嘗て、彼女はかういふ調子でにんじんに話しかけたことはないのである。面喰つて、彼は顏をあげる。見ると、彼女の指は、布片(きれ)と糸で、さつぱりと、大きく頑丈に包まれてゐる。貧乏な子供のお人形さんそつくりだ。彼の干からびた眼が、淚でいつぱいになる。

 ルピツク夫人は前へこゞむ。彼は、臂を上げて防ぐ身構え[やぶちゃん注:ママ。]をする。癖になつてゐるからだ。しかし、彼女は、鷹揚に、みなの前で、彼に接吻をする。

 彼は、もう、何がなんだかわからない。泣けるだけ泣く。

 「もういゝんだつて云ふのにさ。赦してあげるつて云つてるぢやないか。母さんは、そんなに意地惡るだと思つてるのかい?」

 にんじんの咽び泣きは、一段と激しくなる。

 「馬鹿だよ、この子は。首でも締められてるみたいにさ」

 母親の慈愛に、しんみりさせられた近所の人たちに向ひ、彼女はさう云ふのである。

 彼女は、一同の手に釣針を渡す。彼等は、物珍らしげに、それを檢(あらた)める。そのうちの一人は、こいつは八號だと斷定する。そろそろ彼女は口が自由に利け出す。すると、からみつくやうな舌で、大方の衆に慘劇の次第を物語るのである――[やぶちゃん注:「利け出す」「きけだす」。]

 「ほんとに、あん時ばかりは、どんなはづみで、この子を殺しちまつたかも知れません。可愛くなけれやですよ、むろん。うつかりできないもんですね。こんな小つぽけな針でも・・・。あたしや、天まで釣り上げられるかと思ひましたよ」

 姉のエルネステイヌは、そいつを遠くの方へ、庭の隅かなんか、穴があれば穴の中へでもうつちやつてしまひ、その上へ土をかぶせて踏み固めておくやうに提議する。

 「おい、戯談云ふない」と、兄貴のフエリツクスは云ふ――「おれが、とつとくよ。そいつで釣りに行かあ。とんでもねえ、母さんの血んなかへ漬かつてた針なんてなあ、申し分、この上なしだ。捕(と)れるつちやねえぞ、魚(さかな)が! 股(もゝ)みたいにでツけえやつ氣の毒だが、用心しろ!」[やぶちゃん注:「股(もゝ)みたいにでツけえやつ」と「氣の毒だが」のここの箇所(右ページ四行目)にはあるべきはずの読点がない。行末にあり、版組み上、禁則処理が出来なかったためである(読点・句点が、この一行内に四つ、「!」が一つ、ルビが二ヶ所あり、組みを狭くすることが出来難かったものと推察される)。戦後版には読点があり、ほぼ間違いなく原稿にも読点があったものと推定される。岸田氏は、或いは校正で気づいたかも知れぬが、改行になっているので、よしとしたものとも思われる。]

 そこで、彼は、にんじんをゆすぶる。こつちは、罰を免れたので、相變らずきよとんとしてゐる。それでも、自ら責めてゐる風をまだ誇張して見せ、掠(かす)れた噦(しやく)り泣きを喉から押し戾し、ひつぱたき甲斐のある、その醜い顏の、糠(ぬか)みたいな斑點(しみ)を、大水で洗ひ落としてゐる。

 

[やぶちゃん注:原本はここから。

「河沙魚(かははぜ)」戦後版のサイト版では、『ハゼ亜目 Gobioidei。淡水産といふことでドンコ科 Odontobutidaeまで狭めることが出来るかどうかまでは、淡水産魚類に暗い私には判断しかねる。』としたが、これは誤りであった。今回、先行してブログで改訂を行ったルナールの「博物誌」の「かは沙魚」で、これは、条鰭綱コイ目コイ科カマツカ亜科 Gobionini 群ゴビオ属タイリクスナモグリ Gobio gobio であることが判明した(本邦には分布しない)。

「鮒」原文は“ablettes”(音写「アブレット」)。辞書にはコイ属の一種とあるが、これはコイ科の誤りであると思う。ネット上での検索を繰返すことで、どうも本邦には棲息しない(従って和名もない。「ギンヒラウオ」とする辞書を見かけたが、辞書編集者が勝手につけたもののように感ずる。当該ウィキでは「ブリーク」(bleak)とするが気に入らない)コイ科アルブルヌス族アルブルヌス属の Alburnus alburnus 、若しくは、その仲間である。

「鱸」原文は“perche”(音写「ペーシュ」。)で、辞書ではスズキ類などの食用にする淡水魚の総称とするが、但し、この場合、日本には自然分布はしない――本邦産のスズキに似たスズキ目 Perciformesの内の――パーチ科 Percidaeの魚類の総称とするのが正しいものと思われる。らく、スズキに似たスズキ目モロネ科 Moronidaeディケントラルクス属ヨーロツパスズキ(ヨーロツピアンシーバス) Dicentrarchus labrax 辺りを指しているのではないかと思われる。当該種のフランス語のウィキ“Bar commun”(“Dicentrarchus labrax”)をリンクさせておく。その記載を見るに、本邦のスズキと同じく、海水魚であるが、淡水域にも遡上し、適応していることが判る。

「八號」釣具のサイトで見ると、線径〇・六八~〇・八一ミリメートル程度のものを指すようである(製造会社によつて異なるが、かなり太いものである)。

「ひつぱたき甲斐のある、その醜い顏」原文では“sa laide figure à claques”で、確かに“laide”は「容貌が醜い、不器量な」、“figure”は「フィギア」で、この場合は顏、“à”は「~用いられる」の意味の「目的・用途」辺りの意で、“claques”は「平手打ち」という意味では、ある。しかし、“figure à claques”といふ俗語の成句が存在し、それはまさに「不愉快な顏」の意味を表わす。しかし、私はこの岸田氏の訳を、霊妙にして、凶兆を感じさせるものと採るのである。即ち、私には――近所の人々が帰り――にんじんが忘れた頃になって――ルピック夫人の平手打ちが――したたかに――その頰を打つに決まってる。――と感じるからである。]

 

 

 

     L’Hameçon

 

   Poil de Carotte est en train d’écailler ses poissons, des goujons, des ablettes et même des perches. Il les gratte avec un couteau, leur fend le ventre, et fait éclater sous son talon les vessies doubles transparentes. Il réunit les vidures pour le chat. Il travaille, se hâte, absorbé, penché sur le seau blanc d’écume, et prend garde de se mouiller.

   Madame Lepic vient donner un coup d’oeil.

   À la bonne heure, dit-elle, tu nous as pêché une belle friture, aujourd’hui. Tu n’es pas maladroit, quand tu veux.

   Elle lui caresse le cou et les épaules, mais, comme elle retire sa main, elle pousse des cris de douleur.

   Elle a un hameçon piqué au bout du doigt.

   Soeur Ernestine accourt. Grand frère Félix la suit, et bientôt M. Lepic lui-même arrive.

   Montre voir, disent-ils.

   Mais elle serre son doigt dans sa jupe, entre ses genoux, et l’hameçon s’enfonce plus profondément. Tandis que grand frère Félix et soeur Ernestine la soutiennent, M. Lepic lui saisit le bras, le lève en l’air, et chacun peut voir le doigt. L’hameçon l’a traversé.

  1. Lepic tente de l’ôter.

   Oh ! non ! pas comme ça ! dit madame Lepic d’une voix aiguë.

   En effet, l’hameçon est arrêté d’un côté par son dard et de l’autre côté par sa boucle.

  1. Lepic met son lorgnon.

   Diable, dit-il, il faut casser l’hameçon !

   Comment le casser ! Au moindre effort de son mari, qui n’a pas de prise, madame Lepic bondit et hurle. On lui arrache donc le coeur, la vie ? D’ailleurs l’hameçon est d’un acier de bonne trempe.

   Alors, dit M. Lepic, il faut couper la chair.

   Il affermit son lorgnon, sort son canif, et commence de passer sur le doigt une lame mal aiguisée, si faiblement, qu’elle ne pénètre pas. Il appuie ; il sue. Du sang paraît.

   Oh ! là ! oh ! là ! crie madame Lepic, et tout le groupe tremble.

   Plus vite, papa ! dit soeur Ernestine.

   Ne fais donc pas ta lourde comme ça ! dit grand frère Félix à sa mère.

  1. Lepic perd patience. Le canif déchire, scie au hasard, et madame Lepic, après avoir murmuré : « Boucher ! boucher ! » se trouve mal, heureusement.
  2. Lepic en profite. Blanc, affolé, il charcute, fouit la chair, et le doigt n’est plus qu’une plaie sanglante d’où l’hameçon tombe.

   Ouf !

   Pendant cela, Poil de Carotte n’a servi à rien. Au premier cri de sa mère, il s’est sauvé. Assis sur l’escalier, la tête en ses mains, il s’explique l’aventure. Sans doute, une fois qu’il lançait sa ligne au loin son hameçon lui est resté dans le dos.

   Je ne m’étonne plus que ça ne mordait pas, dit-il.

   Il écoute les plaintes de sa mère, et d’abord n’est guère chagriné de les entendre. Ne criera-t-il pas à son tour, tout à l’heure, non moins fort qu’elle, aussi fort qu’il pourra, jusqu’à l’enrouement, afin qu’elle se croie plus tôt vengée et le laisse tranquille ?

   Des voisins attirés le questionnent :

   Qu’est-ce qu’il y a donc, Poil de Carotte ?

   Il ne répond rien ; il bouche ses oreilles, et sa tête rousse disparaît. Les voisins se rangent au bas de l’escalier et attendent les nouvelles.

Enfin madame Lepic s’avance. Elle est pâle comme une accouchée, et, fière d’avoir couru un grand danger, elle porte devant elle son doigt emmailloté avec soin. Elle triomphe d’un reste de souffrance. Elle sourit aux assistants, les rassure en quelques mots et dit doucement à Poil de Carotte :

   Tu m’as fait mal, va, mon cher petit. Oh ! je ne t’en veux pas ; ce n’est pas de ta faute.

   Jamais elle n’a parlé sur ce ton à Poil de Carotte. Surpris, il lève le front. Il voit le doigt de sa mère enveloppé de linges et de ficelles, propre, gros et carré, pareil à une poupée d’enfant pauvre. Ses yeux secs s’emplissent de larmes.

   Madame Lepic se courbe. Il fait le geste habituel de s’abriter derrière son coude. Mais, généreuse, elle l’embrasse devant tout le monde.

   Il ne comprend plus. Il pleure à pleins yeux.

   Puisqu’on te dit que c’est fini, que je te pardonne ! Tu me crois donc bien méchante ?

   Les sanglots de Poil de Carotte redoublent.

   Est-il bête ? On jurerait qu’on l’égorge, dit madame Lepic aux voisins attendris par sa bonté.

   Elle leur passe l’hameçon, qu’ils examinent curieusement. L’un d’eux affirme que c’est du numéro 8. Peu à peu elle retrouve sa facilité de parole, et elle raconte le drame au public, d’une langue volubile.

   Ah ! sur le moment, je l’aurais tué, si je ne l’aimais tant. Est-ce malin, ce petit outil d’hameçon ! J’ai cru qu’il m’enlevait au ciel.

   Soeur Ernestine propose d’aller l’encroter loin, au bout du jardin, dans un trou, et de piétiner la terre.

   Ah ! mais non ! dit grand frère Félix, moi je le garde. Je veux pêcher avec. Bigre ! un hameçon trempé dans le sang à maman, c’est ça qui sera bon ! Ce que je vais les sortir, les poissons ! malheur ! des gros comme la cuisse !

   Et il secoue Poil de Carotte, qui, toujours stupéfait d’avoir échappé au châtiment, exagère encore son repentir, rend par la gorge des gémissements rauques et lave à grande eau les taches de son de sa laide figure à claques.

 

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「辻斬」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「槌子坂の怪」 »