フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「盲人」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「行きと歸り」 »

2023/12/01

「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「元日」

[やぶちゃん注:ジュール・ルナール(Jules Renard 一八六四年~一九一〇年)の “ Poil De Carotte(原題は訳すなら「人参の毛」であるが、これはフランス語で、昔、「赤毛の子」を指す表現である。一八九四年初版刊行)の岸田国士による戦前の翻訳である。

 私は既にサイト版「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン(注:やぶちゃん copyright 2008 Yabtyan)」で、新字新仮名遣のそれを十五年前に電子化注している。そこでは、底本は岩波文庫版(一九七六年改版)を用いたが、今回は、国立国会図書館デジタルコレクションのジュウル・ルナアル作岸田國士譯「にんじん」(昭和八(一九三三)年七月白水社刊。リンクは標題のある扉)を用い、正字正仮名遣で電子化し直し、注も新たにブラッシュ・アップする。また、本作の挿絵の画家フェリックス・ヴァロトンFelix Vallotton(一八六五年~一九二五年:スイス生まれ。一八八二年にパリに出、「ナビ派」の一員と目されるようになる。一八九〇年の日本版画展に触発され、大画面モノクロームの木版画を手掛けるようになる。一九〇〇年にフランスに帰化した)の著作権も消滅している。上記底本にはヴァロトンの絵はない(当時は、ヴァロトンの著作権は継続していた)が、私は彼の挿絵が欠かせないと思っているので、岩波版が所載している画像を、今回、再度、改めて取り込み、一部の汚損等に私の画像補正を行った。

 ルビ部分は( )で示したが、ざっと見る限り、本文を含め、拗音・促音は使用されていないので、それに従った。傍点「丶」は下線に代えた。底本の対話形式の部分は、話者が示されダッシュとなる一人の台詞が二行に亙る際、一字下げとなっているが、ブラウザの不具合が起きるので、詰めた。三点リーダは「…」ではなく、「・・・」であるのはママである。各話の末尾に若い読者を意識した私のオリジナルな注を附した(岸田氏の訳は燻し銀であるが、やや語彙が古いのと、私(一応、大学では英語が嫌いなので、第一外国語をフランス語にした)でも、原文と照らしてみて、首をかしげる部分が幾分かはある。中学二年生の時、私がこれを読んだときに立ち返ってみて、当時の私なら、疑問・不明に思う部分を可能な限り、注した。原文はフランスのサイト“Canopé Académie de Strasbourg”の“Jules Renard OIL DE CAROTTE (1900)”PDF)のものをコピーし、「Internet archive」の一九〇二年版の原本と校合し、不審箇所はフランス語版“Wikisource”の同作の電子化も参考にした。詳しくは、初回の冒頭注を参照されたい。

 

Ganjitu

 

    元  日

 

 

 雪が降つてゐる。元日がおめでたいためには、雪が降らなければならぬ。

 ルピツク夫人は、用心深く、中庭の開き戶を締めたまゝにして置くのである。すると、もう子供達がやつて來て、鐉(かけがね)をゆすぶつてゐる。下の方を抉(こ)ぢ開けようとする。はじめは遠慮勝ちに、だが、しまひには、いまいましそうに、木履(きぐつ)で蹴り散らす。ルピツク夫人は、窓から、そつと樣子を窺つてゐるのである。いよいよ駄目と知ると、彼等は、それでもまだ眼だけは窓の方を見上げたまゝ、後すざりをして遠ざかつて行く。その跫音(あしおと)が雪の中に吸ひ込まれてしまふ。

 にんじんは、寢臺から飛び降り、裏庭の水槽(みずをけ)へ顏を洗ひに行く。石鹼は持つて行かない。水槽は凍つてゐる。氷を割らなければならない。この、しよつぱなの運動は、煖爐(だんろ)の熱よりも健康な熱を全身に傳へるのである。ところで、顏は濡らしたことにして置く。何時見ても汚(きたな)いと云はれ、それが大々的にお化粧をした時でさへさうなのだから、彼は一番汚(よご)れたところだけ拭けばいゝのである。

 儀式らしく、朗らかに、爽やかに、彼は兄貴のフエリツクスの後ろへ並んで立つ。兄貴のフエリツクスは總領である姉のエルネスチイヌの後ろに控えてゐる。三人は食堂の臺所へはひつて行く。ルピツク夫妻はなんでもないやうな顏をして、そこへ列席しにやつて來る。

 姉のエルネスチイヌが、この二人に接吻をして、さて云ふ――

 「おはよう、父さん、おはよう、母さん。新年おめでたう。本年もお達者でお暮しになりますやうに。それから、來世は極樂へおいでになりますやうに・・・」

 兄貴のフエリツクスも、同じことを、極めて早く、文句の終りへ一目散に駈け出して行く。そして、同樣に接吻をする。

 が、にんじんは、帽子の中から、一通の手紙を取り出す。封をした封筒の上に「我が親愛なる兩親の君へ」とある。所番地は書いてない。種類稀れなる鳥が、色彩華やかに、その一隅を掠めてゐるのである。

 にんじんは、そいつをルピツク夫人の方に差出す。彼女は封を切る。紙一面、滿開の花に飾られ、その上、レースの緣が取つてある。そして、レースの孔へは、屢々にんじんのペンが落ち込んだらしく、隣りの字が霞んでしまつてゐる。

 

ルピツク氏――わしには、なんにもないんだね。

にんじん――それ、二人にあげるんだよ、母さんがすんでから見るといゝや。

ルピツク氏――よし、お前は、わしより母さん方が好きなんだね。それならそれで、この新しい十錢玉が、お前のポケツトの中へはいるかどうか見てゐるがいい。

にんじん――ちよつと待つてつたら・・・母さんがもう濟むから。

ルピツク夫人――文章はしやれてるけれど、字が下手で、あたしにや讀めないよ。

 

 「さ、今度は父さんの番だ」と、にんじんは急(せ)き込んで云ふ。

 にんじんが、眞直に突つ立つて、返事を待つてゐる間、ルピツク氏は、一度、それからもう一度、手紙を讀む。ぢつと見てゐる。何時もの癖で、「ふむ、ふむ」といふ。そして、卓子の上に、そいつを置く。

 目的が完全に達せられると、手紙は、もう何の役にも立たない。それこそ、みんなのものである。見やうと、觸(さわ)らうと、めいめいの勝手だ。姉のエルネスチイヌと兄貴のフエリツクスが、順番に取上げて、綴りの間違ひを探し出す。こゝで、にんじんはペンを取替へたとしか思へない。讀めないといふ字がちやんと讀めるのである。手紙が彼の手に還る。

 それを、こつちへひつくり返し、あつちへひつくり返しして見る。薄穢い笑ひ方をする。

 「これで氣に入らんといふのかい?」

 そう問ひ返してゐるように見える。

 やつと、彼は、手紙を帽子の中へ押し込む。

 お年玉の分配がはじまる。姉のエルネスチイヌは自分の丈(せい)ほどの、いや、それよりも大きい人形である。兄貴のフエリツクスは、箱入りの鉛の兵隊――今やまさに戰爭をしようとしてゐるところだ。

 「お前には、取つて置きのものがあるんだよ。なんだか當てゝごらん」

 ルピツク夫人は、にんじんにかう云ふ。

 

にんじん――あゝ、さうか。

ルピツク夫人――なにが、「あゝ、さうか」だい。もう知つてゐるなら、見せる必要はないね。

にんじん――うゝん、さうぢやないよ。若し知つてたら、僕、首だつてあげらあ。

 

 彼は、自らを信ずるものゝ如く、嚴そかに兩手を上に差し上げる。ルピツク夫人は食器棚を開ける。にんじんは呼吸を彈ませる。彼女は、腕を肩のところまで突つ込み、ゆるゆると、靈妙不可思議な手つきで、黃色い紙にのせた赤い砂糖細工のパイプを引出して來る。[やぶちゃん注:「呼吸」戦後版は『いき』とルビする。それを採る。]

 にんじんは、躊(ためら)はず、喜びに面(おもて)を輝やかす。彼は、この場合、自分のすべきことを知つてゐる。即座に、兩親の面前で、同時に、姉のエルネスチイヌと兄貴のフエリツクスの羨やましさうな眼付(だが、何人も總てのものを得るわけには行かぬ)を後(しり)へに、一服喫(す)はうと思ふ。赤い砂糖のパイプを、二本の指だけでつまみ、ぐつとからだを反(そ)らして、頭を左の方へかしげる。彼は、口を丸め、頰をへこまし、力を入れ、音を立てゝ吸ひ込む。

 それから、どえらい煙を天まで屆くやうに吹き上げ、さて彼は云ふ――

 「こいつは、具合がいゝ。よく通るぜ」

 

[やぶちゃん注:原本ではここから。

「ルピツク夫人は、用心深く、中庭の開き戶を締めたたまゝにしておく」昭和四五(一九七〇)年明治図書刊の『明治図書中学生文庫』14の倉田清訳の「にんじん」の本篇の注には、以下のように書かれてゐる。『フランスの農村の貧乏な子どもたちは、元日にほうぼうの家を回つて、「おめでとう。」を言い、お金やお菓子をもらう習慣があつた。ルピック夫人は、そのような子どもを家に入れたくなかったのだ。』。

「鐉(かけがね)」:先行する「苜蓿(うまごやし)」の章でも問題にしたが、繰り返すと、本字は音「セン・テン」で、門戶の開閉をするための樞(とぼそ・くるる=回転軸)を嵌め込むための半球状の金具を言う。私自身、その形状を明確にイメージすることが出来ずにいるが、要は、閉じられた開き戸等の塀(若しくは門柱)との接合金具を指すのであろう。原作はやはり“le loquet”で、岸田氏は本字を「かけがね」と訓じている。仏和辞典でもそうあるが、しかし、掛け金というのは、二対一組の鍵の一方を指す語であり、もう一方の金具に掛けて開かないようにするための金具を指す。ここでは、明らかにそのようなものではない(門扉の内側のルピック夫人がまさに鍵をかけた部分はそうなつているに違いないが)。ここもやはり、開き戸の外側にある取つ手として打ち込まれた金具、大きな釘とか、手をかけられる鎹(かすがい)のようなものを指していると思われる。

「來世は極樂へおいでになりますように・・・」原文は“une bonne santé et le paradis à la fin de vos jours.”。“fin de vos jours”は「最後の審判の日」であろう(「喇叭」の章の私の注を參照されたい)。しかし、やはり仏教的な訳語では、そぐわない。臨川書店全集の佃氏の訳では、『終(つい)の日には天國に行かれますように』と譯してある。

「種類稀なる鳥が、色彩華やかに、その一遇を掠めてゐるのである」これは封筒に実際に描かれた鳥のカット(ならば、それはにんじんの自作であろう)を言つているのであろうか? しかし……「にんじん」にそんな器用な才能があるかなぁ……。寧ろ、市販のものを奮発して買ったものとした方が無難だ。そもそも、そんなに素敵な自作の絵なら、誰かが、その筆致を褒めていいわけで、やはり市販の封筒だ。

「文章はしやれてるけど、字がへたで、あたしにや讀めないよ。」これはルピツク夫人の「イビり初(ぞ)め」の悪罵である。実際には、夫人は、鼻から、読むつもりがないのである。そもそもこの謂いは矛盾している。字が下手で読めないのに、文章がいいといふことが分かるはずがない(勿論、これを「普段から感じているけれど、お前は文章は上手いのだけれど、字が汚ない。この手紙もそうだ。だから讀めない。」と解釋することは可能だが、私は、そのように「好意的に」は絶対にとらない)。「にんじん」の字は、そんなに下手でもなければ、汚くもないのだ。だから、後で姉や兄が読んでいるシーンで、「ここで、にんじんはペンを取り替えたとしか思えない。讀めないといふ字がちやんと讀めるのである」と母が鼻っから読む気がないということをかく誤魔化したことへ、やや皮肉を込めて描写しているのである(と私は読む。但し、二人は「にんじん」の肩を持つ気はさらさらなく、ルピック夫人ほどではないものの、やはり、重箱の隅を突っついて、批評し、正月から、軽くからかって、面白がっているに過ぎないのだが)。但し、一九九五年臨川書店刊の佃裕文訳の『ジュール・ルナール全集』第三巻では、この私が引いた後文を、そうは解釈しては、いない。そこでは姉や兄の台詞として、『ここでにんじんはペンを替えたに違いない。読みやすいもの。そんなことを言つて彼等は手紙をにんじんに返す。』と訳されてある。私は、この佃氏の訳は、どうも、日本語として達意の文ではない憾みがあるように思う。

なお、以下の原文は、原本に不審があったので、一箇所、行を空けてある。]

 

 

 

 

    Le Jour de l’An

 

   Il neige. Pour que le jour de l’an réussisse, il faut qu’il neige.

   Madame Lepic a prudemment laissé la porte de la cour verrouillée. Déjà des gamins secouent le loquet, cognent au bas, discrets d’abord, puis hostiles, à coups de sabots, et, las d’espérer, s’éloignent à reculons, les yeux encore vers la fenêtre d’où madame Lepic les épie. Le bruit de leurs pas s’étouffe dans la neige.

   Poil de Carotte saute du lit, va se débarbouiller, sans savon, dans l’auge du jardin. Elle est gelée. Il doit en casser la glace, et ce premier exercice répand par tout son corps une chaleur plus saine que celle des poêles. Mais il feint de se mouiller la figure, et, comme on le trouve toujours sale, même lorsqu’il a fait sa toilette à fond, il n’ôte que le plus gros.

   Dispos et frais pour la cérémonie, il se place derrière son grand frère Félix, qui se tient derrière soeur Ernestine, l’aînée. Tous trois entrent dans la cuisine. Monsieur et madame Lepic viennent de s’y réunir, sans en avoir l’air.

   Soeur Ernestine les embrasse et dit :

   Bonjour, papa, bonjour, maman, je vous souhaite une bonne année, une bonne santé et le paradis à la fin de vos jours.

   Grand frère Félix dit la même chose, très vite, courant au bout de la phrase, et embrasse pareillement.

Mais Poil de Carotte sort de sa casquette une lettre. On lit sur l’enveloppe fermée : « À mes Chers Parents. » Elle ne porte pas d’adresse. Un oiseau d’espèce rare, riche en couleurs, file d’un trait dans un coin.

   Poil de Carotte la tend à madame Lepic, qui la décachette. Des fleurs écloses ornent abondamment la feuille de papier, et une telle dentelle en fait le tour que souvent la plume de Poil de Carotte est tombée dans les trous, éclaboussant le mot voisin.

 

     MONSIEUR LEPIC

   Et moi, je n’ai rien !

     POIL DE CAROTTE

   C’est pour vous deux ; maman te la prêtera.

     MONSIEUR LEPIC

   Ainsi, tu aimes mieux ta mère que moi. Alors, fouille-toi, pour voir si cette pièce de dix sous neuve est dans ta poche !

     POIL DE CAROTTE

   Patiente un peu, maman a fini.

     MADAME LEPIC

   Tu as du style, mais une si mauvaise écriture que je ne peux pas lire.

 

   Tiens papa, dit Poil de Carotte empressé, à toi, maintenant.

   Tandis que Poil de Carotte, se tenant droit, attend la réponse, M. Lepic lit la lettre une fois, deux fois, l’examine longuement, selon son habitude, fait « Ah ! ah ! » et la dépose sur la table.

   Elle ne sert plus à rien, son effet entièrement produit. Elle appartient à tout le monde. Chacun peut voir, toucher. Soeur Ernestine et grand frère Félix la prennent à leur tour et y cherchent des fautes d’orthographe. Ici Poil de Carotte a dû changer de plume, on lit mieux. Ensuite ils la lui rendent.

   Il la tourne et la retourne, sourit laidement, et semble demander :

   Qui en veut ?

   Enfin il la resserre dans sa casquette.

   On distribue les étrennes. Soeur Ernestine a une poupée aussi haute qu’elle, plus haute, et grand frère Félix une boîte de soldats en plomb prêts à se battre.

   Je t’ai réservé une surprise, dit madame Lepic à Poil de Carotte.

 

     POIL DE CAROTTE

   Ah, oui !

     MADAME LEPIC

   Pourquoi cet : ah, oui ! Puisque tu la connais, il est inutile que je te la montre.

     POIL DE CAROTTE

   Que jamais je ne voie Dieu, si je la connais.

 

   Il lève la main en l’air, grave, sûr de lui. Madame Lepic ouvre le buffet. Poil de Carotte halète. Elle enfonce son bras jusqu’à l’épaule, et, lente, mystérieuse, ramène sur un papier jaune une pipe en sucre rouge.

   Poil de Carotte, sans hésitation, rayonne de joie. Il sait ce qu’il lui reste à faire. Bien vite, il veut fumer en présence de ses parents, sous les regards envieux (mais on ne peut pas tout avoir !) de grand frère Félix et de soeur Ernestine. Sa pipe de sucre rouge entre deux doigts seulement, il se cambre, incline la tête du côté gauche. Il arrondit la bouche, rentre les joues et aspire avec force et bruit.

   Puis, quand il a lancé jusqu’au ciel une énorme bouffée :

   Elle est bonne, dit-il, elle tire bien.

 

« 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「盲人」 | トップページ | 「にんじん」ジュウル・ルナアル作・岸田國士譯(正規表現版・ヴァロトン挿絵+オリジナル新補注+原文) 「行きと歸り」 »