フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (97) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (99) »

2023/12/27

只野真葛 むかしばなし (98)

 

一、濱町に工藤家かり宅せし時の家主は、木村養春とて、二百俵の公義御醫師にて有(あり)しが、勝(すぐれ)たる小男なり。

 品川の「年明(ねんあけ)女郞」を後妻とせしが、此女も、

「坊主、大きらひ。小男も、きらひ。」

にて、いつも此二色(ふたいろ)の客をとれば、ふりつけて、あはざりし、とぞ。

[やぶちゃん注:「ふりつけて」「振り付けて」で、「人を嫌って、はねつける。」の意。]

 其女のかたへ、なじみにてくる客、二人、有し時、壱人は有馬の家中とやらにて、殊の外、わる氣のまわる大ねぢ客なりし。

 此客、きたれば、粉(こ)になるおもひなりしに、二日、居(ゐ)つゞけせられ、やうやう、かへして、

『やれ、うれしや。橫にでもなつて、ちと、休(やすま)う。』

と、おもふ時、初會の客、有(あり)。

 みれば、小男・ぼうづなり。

 物をも、いはず、得手(えて)のごとく、ふりつけしを、少しも氣にかけしていもなく、居つゞけして、新造・かむろを相手にして、打(うち)はを、ふつて、居(をり)し、氣のかるさ。[やぶちゃん注:「打(うち)は」「団扇」か。]

「寢床の中にて、『是そこ[やぶちゃん注:ママ。「是(これ)こそ」の誤記。]、まことの『こなれ人(びと)』といふにやあらん。』と、おもひしより、打とけてなじみとなり、年明にて、身のかたづく時も、願(ねがひ)て、爰(ここ)へきたりしが、緣は、いなものなり。」

と、心やすき人に、かたりし、とぞ。

[やぶちゃん注:「97」に続く「うかれめの、おもはぬ人にそふは、珍らしからず、といへども、まさしく見しこと」の第二話。]

« 只野真葛 むかしばなし (97) | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (99) »