フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 只野真葛 むかしばなし (109) 松前藩用人の「おもくろしい」話 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (111) 菅野三郎左衛門、山女に逢う »

2023/12/28

只野真葛 むかしばなし (110) 三吉鬼

 

一、秋田に、「三吉鬼(さんきちおに)」といふもの有(あり)。

 人里へ出(いで)そめしは、いく年(とし)先(さき)のことにや、しらず。

 いではじめには、見なれぬ男の、酒屋へ、いりて、酒を、おほく、のみて、さらに、あたひをつぐのはずして、いで行(ゆき)しを、むたひに、酒代(さかだい)を、はたれば、かならず、わざわひに逢ことなりし故、おそれて、心よく、ふるまひしもの有(あり)しに、其夜中に、酒代、十倍ほどのたき木を、門に、つみおきし、とぞ。

 それより、いづかたにても、『其男ならん。』と、おもへば、あくまで、酒を、のませしに、かならず、夜中に、かわり[やぶちゃん注:ママ。]の物を、つみおきしを、誰云(たれいふ)となく「三吉鬼」とよびて、後には、

「いづくの山の大松(だいまつ)を、この庭中(にはなか)ヘ、うつしくれよ。」

と願(ねがひ)かけて、酒だるを、さゝげおけば、酒は、なくなりて、一夜のうちに松の木を、庭にうゑおき、大名なども、人力にうごかしかたき品を、酒をいだして、ねがへば、心のごとく、はこぶことにて、人家の重寶なりし故、

「三吉鬼、三吉鬼、」

と、いひはやせしに、此文化年中より三、四十年前より、たへて[やぶちゃん注:ママ。]、そのもの、人里にいでず成(なり)しとぞ。

 いかゞせしや、ふしぎのことなりし。

[やぶちゃん注:「三吉鬼」当該ウィキが存在する。真葛の本記事も紹介されているので、全文を引く。『三吉鬼(さんきちおに)は秋田県に伝わる正体不明の妖怪。江戸時代の女流文学者・只野真葛の著書』「むかしばなし」に『記述がある』。『三吉神(鬼)の最も古い記録は、只野真葛や菅江真澄のものがある。江戸女流文学者の只野真葛が著した』「むかしばなし」では、『三吉鬼は「見知らぬ男」と言われている。酒屋で酒を飲んで、そのまま出ていこうとするが、そこで男に酒代を請求すると必ず災いに遭い、酒を捧げると酒代十杯ほどの薪が門に積み上がっている。それからは、その男』とおぼしい男に、『酒をあくまで飲ませれば』、『必ず』、『夜中に代わりの物が積み上がっているので、誰が言うと無く「三吉鬼」と呼んだ。後には』、『どこかの山の大松をこの庭に移してくれと願をかけて酒樽をささげると』、『酒は無くなり』、『一夜のうちに松の木が庭に植えられている。大名も人力で動かせない品を酒を出して願うと、願いに従って運ぶ』。「三吉鬼、三吉鬼、」と『もてはやしたが、文化年中より三~四十年前より』、『絶えてその者は人里に出なくなってしまった』。『菅江真澄は』「月酒遠呂智泥」(つきのおろちね:文化九(一八一二)年七月筆)で、『ある年仙北郡のなる外大伴村(外小友村)で相撲取りをして世を渡っている若者が、太平山に登り』。『三吉神に酒や粢を供えることで力士は力を得ているとしている』。『三吉神の力の神としての性格がうかがえる。一方』、『「三吉」の所在を尋ねられた籠舎』(ろうしゃ:牢屋。)『にいた人々が「神仙であるからどことも定まっていない」と答えていることにも注目すると、太平山村近の人々は三吉神が神仙であると認識していることになる。太平山三吉神社に保存されている棟札にも「仙人三吉権現」』(元禄四(一六九一)年)『と記されていることから、三吉神は』本来は『仙人と考えられていたと推測できる』。『そのように人々にもてはやされていた三吉鬼だが、文化年中より』三十~四十『年ほど前からは』、『人里に現れることはなくなったという』。『こうした三吉鬼の伝承には』、『秋田の太平山に伝わる鬼神・三吉様の信仰が背景にあるといわれ』、『太平山三吉神社の三吉霊神が人間の姿で人前に現れたときには』「三吉鬼」の『名で呼ばれたとする説もある』とある。太平山三吉神社はここ(グーグル・マップ・データ)。]

« 只野真葛 むかしばなし (109) 松前藩用人の「おもくろしい」話 | トップページ | 只野真葛 むかしばなし (111) 菅野三郎左衛門、山女に逢う »