フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之六 信州山中熊の事 | トップページ | 譚海 卷之六 甲州身延山幷南部由來の事 »

2024/01/27

譚海 卷之六 江戶本所さかさゐの渡猿𢌞し侍と口論の事

[やぶちゃん注:これまでのフライング単発で、推定歴史的仮名遣の読みは勿論、句読点・記号変更・追加、段落成形を行ってきた関係上、以下でも、読者の読み易さを考え、「卷之六」以降、それをルーティンに正式に採用することとする。

 標題の「さ」は接尾語で方向を表わし、「江戸本所の方の」の意であろう。「かさゐの渡」(わたし)は「葛西」等とも書き、現在の国道七号の下にある「逆井橋」(さかいばし)附近にあった「逆井の渡し」である。]

 

○寬政四年の冬[やぶちゃん注:グレゴリオ暦一七九二年十一月十四日から一七九三年二月十日。]、本所六つ目のかさい[やぶちゃん注:葛西。]のわたし舟の中にて、猿𢌞しと、さむらひと、同じく乘合(のりあひ)たるに、いかゞしたりけん、此猿、侍の腕をしたゝか、かきやりぬ。

 侍、いきどほり、はらたてて、

「猿を、もらひて、うち殺(ころす)べし。」

と、いひければ、船中の人々、こぞりて佗(わび)つゝ[やぶちゃん注:ママ。底本では補正傍注があり、『(詫)』とする。]、

「畜生の事なれば、堪忍し給へ。」

と、こしらへ[やぶちゃん注:現在は使用頻度が低いが、中世以降、「話しをして納得させる」ことを意味する。]けれど、さむらひ、さらに承引せず。

 船、已に、岸に着‘つき)て、みなみな、陸ヘ上りぬるに、侍、

「ひらに、猿を受取(うけとる)べし。さなくば、おのれともに、ゆるさじ。」

とて、猿𢌞しに取(とり)かゝりて、はなたず。

 猿𢌞も、とかく詫けれど、了簡せざるに仕(しまわし)わびて、

「さらば。是非なし。猿を進ずべし。」

とて、猿𢌞し、かたへに、猿をおろして猿にいひけるは、

「我、かく汝によりて、年來(としごろ)渡世せし事なるが、おもひよらず、かゝるあやまちを仕出(しいだ)して、なんじを、まゐらすべき也。汝が、こゝろから、命を斷(たつ)事、不便(ふびん)、さらにいふべきやうなけれども、今は、かひなき事也。よく心得て、死すべし。」

と、つぶつぶと[やぶちゃん注:こまごまと。]、猿に、いひきかせて、

「扨(さて)。猿をまゐらすべし。」

とて、猿𢌞しの法にまかせて、綱をきり、侍に、わたしぬ。

 猿𢌞し、猿をはなつときには綱をきる寸尺の法(はう)有(ある)事、とぞ。

「かく、汝にわかるべしとは、おもひもかけぬ事。」

と、猿𢌞し、泣々(なくなく)、綱、きりて、侍にわたしければ、侍、猿の綱、ひきとると、そのまゝ、この猿、侍の喉(のど)へ、くらひ付(つき)て、はなさず。

 深く、くひ入(いり)ければ、のどぶえを、くひとりて、侍は、あへなく、息、絕(たえ)たり。

「あれは、あれは、」

と、見る人、おどろき、さわぐまぎれに、猿は、やがて、川水の深みへ、身をなげ、をどり入(いり)て死(し)したる、とか。

 是も哀(あはれ)なる事に、なん。

« 譚海 卷之六 信州山中熊の事 | トップページ | 譚海 卷之六 甲州身延山幷南部由來の事 »