フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之六 公卿園池殿鯉魚狂歌の事 | トップページ | 譚海 卷之六 江戶中橋金丸藏人隱德の事 »

2024/01/27

譚海 卷之六 泉州水馬觀音に福を借る事

[やぶちゃん注:これまでのフライング単発で、推定歴史的仮名遣の読みは勿論、句読点・記号変更・追加、段落成形を行ってきた関係上、以下でも、読者の読み易さを考え、「卷之六」以降、それをルーティンに正式に採用することとする。]

 

○泉州、水馬屋(みづまや)觀世音へは、大坂より、六里あり。

「觀世昔は、稻荷明神の本地(ほんぢ)にまします。」

とて、二月初午には、參詣する人、あまたなり。

「此觀音に、福をかる事。」

とて、觀音の散錢を借(かり)て、もて歸り、あきなひなどするに、かならず、德ぶん、つく事なり。

 それゆゑに、觀昔に詣(まふで)て、錢、借る人、おほし。

 この錢、たとへば、二百錢、かりまゐらすれば、かへす時、倍して、四百せんにて、返す事也。

 むかし、大坂の人、

「觀音の錢、二百錢かりて、商賣のもとでとなせしが、大(おほき)に、德、つきて、八千貫の利を得候。」

よし、ものがたりぬ。

「その事は、かしこの記にも、しるしあり。」

と、いへり。

[やぶちゃん注:「泉州、水馬屋觀世音」底本後注に、『大阪府下貝塚市水間の水間寺』(みづまでら)『の観世音堂。水間観音の福銭のことは、西鶴の「日本永代蔵」にも見えている』とある。ここ(グーグル・マップ・データ)。「日本永代藏」のそれは、国立国会図書館デジタルコレクションの岩波文庫版(和田万吉校訂・昭和七(一九三二)年刊)の「卷之一」の巻頭の『初午(はつうま)は乘(のつ)てくる仕合(しあはせ)』の中に記されてあるのが、視認出来る。]

« 譚海 卷之六 公卿園池殿鯉魚狂歌の事 | トップページ | 譚海 卷之六 江戶中橋金丸藏人隱德の事 »