フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之六 三州瀧山淸涼院年始鏡餅獻上の事 | トップページ | 甲子夜話卷之八 9 飯田侯【堀大和守。】、憲廟拜領の御麻上下幷佐野肥後守が祖先の上下 »

2024/01/27

甲子夜話卷之八 7 蜷川氏の家紋

[やぶちゃん注:これまでのフライング単発で、恣意的正字化変換や推定歴史的仮名遣の読みは勿論、句読点・記号変更・追加、段落成形を行ってきた関係上、以下でも、読者の読み易さを考え、「卷之七」の後半で既にその処理を始めているのだが、それをルーティンに正式に採用することとする。なお、カタカナの読みは、静山自身が振ったものである。

 なお、この前の「甲子夜話卷之八 6 或老侯、隅田川にて龍まきに逢ふ事」は、既にフライング単発で公開してある。]

 

8-7

 御側(おそば)を勤(つとむ)る蜷川相模守が長子、大和守【親常。】とて、新番頭(しんばんがしら)なるは、予、久(ひさし)く知人なり。

 此家は、足利將軍時代を經たる舊家なり。其家紋、

 

Gausihasi1

 

如ㇾ此(かくのごと)し。

 其物を審(つまびらか)にせざれば、一日(あるひ)、逢(あひ)しとき、問(とひ)けるに、

「合子箸(ガウシハシ)なり。」

と答(こたへ)たり。

 「合子」は今の「飯椀(めしわん)」なり。これに箸を添(そへ)たる象(かたち)なり。

 後(のち)に、古き諸家紋帳を見るに、

 

Gausihasi2

 

如ㇾ此、見えて、「合子箸、蜷河。」とありき。

■やぶちゃんの呟き

画像は、底本の『東洋文庫』版からOCRで取り込み、トリミング補正した。

「蜷川氏」当該ウィキを見られたいが、そこに、この「親常」の父親文について、寛政八(一七九六)年に『将軍継嗣であった徳川家慶附属の御側御用取次となり、順次加増を受けて』五千『石の大身旗本となった。親文以後も』、『幕府要職を歴任し、明治維新に至った』とあった。サイト「戦国大名研究」の「蜷川氏」に、ここで静山が示した二種の家紋が載り、詳しい蜷川氏の先祖からの前史が詳しい。

« 譚海 卷之六 三州瀧山淸涼院年始鏡餅獻上の事 | トップページ | 甲子夜話卷之八 9 飯田侯【堀大和守。】、憲廟拜領の御麻上下幷佐野肥後守が祖先の上下 »