フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「洋人邪法」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「夜著の怪」 »

2024/01/20

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「妖を斬る」

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「妖を斬る」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 

 妖を斬る【ようをきる】 〔耳囊巻二〕芸州の藩中に、名も聞きしが忘れたり。至つて剛勇の男ありしが、近ごろ主人の供して、広嶋へ到り、その頃交替の住居、程近になかりしが、至極都合宜《よろし》き屋鋪明き居たりしゆゑ、右屋敷に住《すま》はん事をのぞみしが、右は妖怪ありて住《すむ》人に災ひありと、人々止めしかど、何条《なんでふ》さる事あらんとて、乞ひ請けて住居せしが、その夜《よ》家なりなどして物凄きことども有りしが、事ともせずしてありしが、江戸に住みける同家中の伯父来りて、対面なしけるが、右伯父は在所へ供せし事も聞かず、全く怪物ならんと思ひしに、かの伯父申しけるは、この住居は人々忌み憚りて住居するものなし、押して住《すま》はば為《ため》あしかるべしと異見なしけるを、我等主人へ申立《まふしたて》て、住居するうへは、為あしかるべき謂れなしと答へけるに、かの伯父大きに怒りて何か申し罵りけるが、その様《さま》いかにも疑はしく、全く怪異に紛れなければ、抜打《ぬきうち》にきり倒し、妖怪を仕留めけると下人を呼びて、その死骸を改むるに、怪物にもあらず、やはり伯父の死骸なれば、大きに驚き、所詮存命叶ひ難し、腹切らんと覚悟極めけれど、所詮死すべきに決する上はと、猶また刀を抜きて、かの伯父の死骸の首打落し、尚切り刻まんとせしに、かの死骸忽然と消え失せぬ。さればこそ妖怪なれと、猶まくらとりいねんとせしに、さもやせがれて怖ろしげなる老人出《いで》て、さてさて御身は勇気さかんなる人なり、我久しくこの家に住みて、これ迄多く住み来《きた》る者を驚かし、我永住となせしが、御身の如き剛勇の人に逢ひて、今住み果てんことかたし、これより我は此所を立退く間、永く住居なし給へと、いひて消えぬる由。

[やぶちゃん注:私のは、底本違いで、「耳囊 卷之九 妖も剛勇に伏する事」である。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「洋人邪法」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「夜著の怪」 »