フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之八 4 麒祥院所藏牧溪の畫 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「轆轤首」 »

2024/01/24

甲子夜話卷之八 5 轆轤首の話

[やぶちゃん注:これまでのフライング単発で、恣意的正字化変換や推定歴史的仮名遣の読みは勿論、句読点・記号変更・追加、段落成形を行ってきた関係上、以下でも、読者の読み易さを考え、「卷之七」の後半で既にその処理を始めているのだがが、それをルーティンに正式に採用することとする。なお、カタカナの読みは、静山自身が振ったものである。]

 

8-5

 先年、能勢(のせ)伊豫守、訪來(たづねきたり)て話せし中に、

「世に『轆轤首(ろくろくび)』と謂ふもの、實(まこと)に有り。」

とて、語れり。

「末家(まつけ)、能勢十次郞の弟を、源藏、と云(いふ)。かれ、性(せい)、强直(がうちよく)、拳法を西尾七兵衞に學ぶ。七兵衞は御番衆にして、十次郞の婚家なり。源藏、師、且(かつ)、親戚を以て、常に彼《かの》家に留宿す。

 七兵衞の家に一婢あり。人、

『ろくろくびなり。』

と、いへり。

 源藏、あやしみて、家人に其ことを問(とふ)に、違(たが)はず。

 因(よつ)て、源藏、其實(そのじつ)を視(み)んと欲し、二、三輩と俱に、夜、其家に、いたる。

 家人、かの婢の寢(しん)を待(まち)て、これを告ぐ。

 源藏、往(ゆき)て視るに、婢、こゝろよく寐(いね)て覺(さめ)ず。已に夜半に過(すぎ)れども、未だ異なること、なし。

 やゝありて、婢の胸のあたりより、僅(わづか)に、氣を、いだすこと、寒晨(さむきあさ)に現(あらはる)る口氣(こうき)の如し。

 須臾(しゆゆ)にして、やゝ盛(さかん)に甑煙(そうえん)[やぶちゃん注:「甑」(こしき=蒸し器)から登る蒸気。]の如く、肩より上は、見へぬばかりなり。

 視(みる)者、大(おほい)に怪(あやし)む。

 時に、桁上(けたうへ)の欄間(らんま)を見れば、彼(かの)婢の頭(かしら)、欄間にありて、睡(ねぶ)る。其狀(かたち)、梟首(けうしゆ)の如し。

 視者、驚駭(きやうがい)して動くおとにて、婢、轉臥(ねがへり)すれば、煙氣も、また、消(きえ)うせ、頭は、故の如く、婢、尙、よくいねて、寤(さめ)ず。

 就(つい)て[やぶちゃん注:そばに寄ってしっかりと。]視れども、異(ことな)る所、なし。」

と。

「源藏、虛妄を言ふ者にあらず。實談なるべし。」

と、なり。

 又、世の人、云ふ。

「轆轤首は、其人の咽(のど)に、必ず、紫筋(むらさきのすぢ)あり。」

と。

「源藏の所ㇾ云を聞(きく)に、

『この婢、容貌、常人に異なる所、なし。但(ただし)、面色、靑ざめたり。又、此婢、如ㇾ斯(かくのごと)きを以て、七兵衞、暇(いとま)を、あたへぬ。時に、婢、泣(なき)て曰、

「某(それがし)、奉公に緣なくして、仕(つかゆ)る所、すべて、其(その)期を終(をへ)ず、皆、半(なかば)にして如ㇾ此。今、又、然り。願(ねがはく)は、期を完(まつた)ふ[やぶちゃん注:「ふ」はママ。]せん。」

と乞(こひ)しかど、彼(かの)怪あるを以て、聽入(ききい)れず、遂(つひ)に出(いだ)しぬ。

 彼(かの)婢は、己が身の、かくの如きは、露(つゆ)しらぬこと、とぞ。

 奇異のことも有(ある)ものなり。

 予、年頃(としごろ)、「轆轤首」と云ふものゝことを訝(いぶかし)く思(おもひたるに、この實事を聞(きき)ぬ。

 これ、唐(もろこし)に「飛頭蠻(ひとうばん)」と謂(いふ)ものなり。

■やぶちゃんの呟き

「能勢伊豫守」ウィキの「能勢氏」によれば、『江戸時代、能勢氏は数家に分かれ、それぞれ旗本として存続した。能勢本家は地黄陣屋を拠点として』、四千『石の交代寄合として幕末に至った。また、幕末期には庶家を含め一族は』十四『家を数え、総知行高は』一『万』三『千石を数えたとされる。現在、能勢氏の菩提寺である清普寺の境内に一族の墓所がある』とある内の一人であろう。

「轆轤首」私の怪奇談でも枚挙に遑がないほどあるが、何より、本邦の「轆轤首」を世界的に有名にしたのは、小泉八雲をおいて他にはない。私の「小泉八雲 ろくろ首  (田部隆次訳) 附・ちょいと負けない強力(!)注」を見られたい。無論、宵曲の「妖異博物館」には、「轆轤首」がある。

「婢の胸のあたりより、僅に、氣を、いだすこと、寒晨に現る口氣の如し。須臾にして、やゝ盛に甑煙の如く、肩より上は、見へぬばかりなり」この部分は(後の欄間の首は幻覚でしかないと私は退ける)、やや不思議な事実ではあるが、或いは、彼女は何らかの疾患を持っており、(例えば、結核)なのかも知れない。夜間に、胸部から上が発熱しているのやも知れぬ。下女部屋は、暗く、暖房もないから、上気したそれが、煙のように見えてもおかしくはないと思う。

「轆轤首は、其人の咽に、必ず、紫筋あり。」これも本邦の轆轤首になるという女で、しばしば言及されてある(「紅い筯」とも言う)。単に、首の皺が目立つだけで、極めて理不尽な差別に過ぎない。そうした擬似轆轤首譚の中でも、ハッピー・エンドのそれが、「耳囊 卷之五 怪病の沙汰にて果福を得し事」である。是非、読まれたい。

「飛頭蠻」は轆轤首の本家本元である中国の妖怪。但し、近世の創出になるメジャーな首が延びるタイプではなく、八雲のそれと同じで、首のみが分離して飛行(ひぎょう)する型である。正確には、身体と首(頭部)の間には、糸状の連結部があるものが多い。私の『「和漢三才圖會」巻第十四「外夷人物」より「飛頭蠻」』を見られたい。

« 甲子夜話卷之八 4 麒祥院所藏牧溪の畫 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「轆轤首」 »