フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「竜頭」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「竜と琵琶」 »

2024/01/23

柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「竜燈」

[やぶちゃん注:本書は昭和三六(一九六一)年一月に東京堂から刊行された。この総題の「随筆辞典」はシリーズ物の一書。本書については、初回の冒頭注を、また、作者については、私の『柴田宵曲 始動 ~ 妖異博物館 「はしがき」・「化物振舞」』の私の冒頭注を参照されたい。

 底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらを使用した。新字新仮名である。但し、加工データとして、所持する筑摩書房『ちくま文芸文庫』の「奇談異聞辞典」(底本を解題したもの・二〇〇八年刊)を加工データとして使用させて貰った。ここに御礼申し上げる。

 読みが振れる、若い読者が躓くかも知れぬ箇所には《 》で読みを添えた。引用文の場合は歴史的仮名遣を用いた。なお、( )は柴田自身が附したルビである。

 また、柴田のストイックな編集法を鑑み、私の注は、どうしても必要と判断したもののみとした。幸い、有意な部分は私が既に電子化注したものがあるので、それをリンクさせてもいる。但し、この原本は新字新仮名であるため、私が電子化していない引用文の原本に当たることが出来たものは、極力、視認出来るように、国立国会図書館デジタルコレクションや他のデータベースの当該部をリンクさせるように努めた。

 なお、辞典形式であるので、各項目を各個に電子化する。公開は基本、相互の項目に連関性がないものが多いので、一回一項或いは数項程度とする。

 なお、この篇は、五つの話の引用になっており、やや長いので、各話は一字空けで続いているのだが、特異的に改行して、注を挟んだ。]

 

 竜燈【りゅうとう】 〔天野政徳随筆巻一〕同人<岡野義和>の話に、その年<天保七年>六月三日小川村長《おがはむらをさ》(名は長蔵)をあないにて、兼ねてきゝし閼伽井が嶽の竜燈を見んとて、その村を出て三四里ゆく。こゝは奥州岩城にて、閼伽井嶽《あかゐだけ》と呼ぶ山なり。この山上に水精山《すいしやうざん》常福寺といふあり。本尊薬師を安置す。この堂のかたはらにさゝやかなる四阿(あづまや)有り。それより見わたすに、東方四五里を隔て海有り。竜燈は海面より出現なすといへば、あからめもせず守り居るに、黄昏過《たそがれすぎ》かの海面より登る所、花火といふ物の玉などの如く、一丈ばかりあがりつらむと思へば、大きさ挑灯程になりて見ゆ。火の色は赤けれども、たゞ霧のうちに有るが如く、朧々《ろうろう》として定かならず。この閼伽井嶽(あかゐ《だけ》)の麓に夏井川《なつゐがは》といふあり。その水縁を求めて静かにこの薬師の峯をさして来《きた》る。さきに出《いで》し竜燈三四町[やぶちゃん注:三百二十七~四百三十六メートル。]も行きぬれば、また跡より出《いづ》る事、始めの如し。出る時は必ず二ツづつ並びて出る。されど道にて一ツは消えて、一つのみ来るも有り。消えざれば二つ並びて来るも有り。この山杉多ければ、麓の杉の梢まで来るも有り。道にて二つともに消ゆるも有り。はては薬師の堂まで来るよしいへど、そは見えずとかたりぬ。この夜は竜燈七ツ八ツ出たり。その夜によりて数の多少はあれど、暑寒共に出ざる夜はなし。それより常福寺にやどりて、寺僧に竜燈の事を尋ねけれど、昔よりさまざまの説をいへど取るにたらず。何ゆゑともしれがたしといひぬ。この並びに山あれど、外《ほか》の山よりはこの竜燈少しも見えずといふ。こは義和まさしく見ての話なり。一奇談といふべし。

[やぶちゃん注:個人ブログ「いわき民話さんぽ」の「閼伽井嶽の龍燈伝説  その1   いわき市」で大須賀筠軒(いんけん)著「磐城誌料歳時民俗記」(明治二五(一八九二)年脱稿)の引用電子化が読め、「その2」もあって、そこでは、江戸時代の地理学者長久保赤水(享保二(一七一七)年~寛政一三・享和元(一八〇一)年)の自らの体験談が電子化されている(漢文)。後者は「天野政徳随筆」より古い本「龍燈」の実録である。なお、龍燈については、当該ウィキもあるが(本篇が紹介されてある)、まんず、私の南方熊楠の「龍燈に就て」(サイト版PDF一括縦書版)の右に出るものはあるまい。ブログ・カテゴリ「南方熊楠」の三分割版でも読める。

「天野政徳随筆」本書では初出。天野政徳(天明四(一七八四)年~文久元(一八六一)年)は本所南割下水横町に住んだ旗本(五百石)で歌人。通称は図書。江戸の国学者・歌人であった大石千引(ちびき)の門人。和歌の他、画や印刻にも長じたとされる。「天野政徳随筆」は考証随筆。歌文集「草縁集」などがあるが。著作はあまり伝わらず、伝も不明な点が多い(小学館「日本国語大辞典」に拠った)。国立国会図書館デジタルコレクションの『日本隨筆大成』第三期第四巻(昭和四(一九二九)年日本随筆大成刊行会刊)のこちらで、正規表現で視認出来る(右ページ五行目以降)。標題は『〇龍 燈』。

「岡野義和」前の条の話者で、作者天野政徳の弟子と出る幕府の役人。前話は『〇伏猪床』も、実は、同じ小川村近くの幕府領の山林が舞台である。「伏猪床」は「ふしゐどこ」か。猪が自分で作った寝床の意だが、恐らく、猪の「ぬた場」であろう。

「小川村」福島県いわき市小川町地区(リンク先は夏井川左岸の広域を占める北側の小川町上小川。グーグル・マップ・データ。以下同じ)

「閼伽井が嶽」「水精山常福寺」初出部にルビがなく、後に出る「閼伽井嶽」の「閼伽井」のみにルビが振られてあるのはママ。ここ。常福寺は真言宗智山派の寺院で、赤井嶽薬師の別名で知られる。

「夏井川」閼伽井嶽と水精山常福寺(下方に入れておいた)の北方のここ。]

〔諸国里人談巻三〕丹後国与謝郡天橋立<京都府宮津市内>に、毎月十六日夜半のころ、丑寅[やぶちゃん注:東北。]の沖より竜燈現じ、文珠堂の方にうかみよる。堂の前に一樹の松あり。これを竜灯の松といふ。また正五九月[やぶちゃん注:正月と五月と九月。]の十六日の夜に、空より一燈くだる。これを天燈といふなり。また一火あり。これを伊勢の御燈といふ。

 土佐国幡多郡蹉跎岬《さだみさき》(高知より西三十里)[やぶちゃん注:現在の足摺岬の古い呼称。]蹉跎明神に、天燈竜燈あり。天にひとつの燈見ゆれば、同時に海中より竜燈現ずるなり。

 周防国野上庄熊野権現に、毎年十二月晦日丑の刻<午前二時>に竜燈現ず。また西の方五里がほどに竜が口といふ山より、矢を射るごとく飛び来《きた》る神火あり。里人、これを拝して越年す。

 相摸国鎌倉<神奈川県鎌倉市>光明寺の沖に、毎年十夜の内一両度竜燈現ず。はるかの海上、雲にうつりて見ゆるなり。

[やぶちゃん注:以上は実際には、総てが、独立項である。最初のものから並置すると、「諸國里人談卷之三 橋立龍」で、次は「諸國里人談卷之三 嗟跎龍燈」(但し、寺名の由緒を語る後半分をカットしてある)、「諸國里人談卷之三 野上龍燈」、最後が、「諸國里人談卷之三 光明寺龍燈」である。それぞれ見られたい。]

〔奥州波奈志〕橋本正左衛門りうが崎の役人をつとめしころ、少々上の用金を廻し旅行のこと有りしに、東通りの道中にて四倉と云ふ所に著き、人歩(にんぷ)[やぶちゃん注:「人夫」。「人足」に同じ。]をつぎかへしに滞りて出《いで》ず。このあたりものさわがしきこと有りと聞きて、一寸も早くこの宿を行きぬけんと、いらだちてさいそくせしに、日も暮れかゝりしを、いそぎの用事といひたて、夜通しに人歩を云付けしかば、かご人足ばかり出たりしを、正左衛門かごにて先ヘ行き、養子ハ弥にめくばせして、用金入れたる荷物をさあらぬていにて残し置き、少しも早く追付き来れと云付けて立たりしに、八弥そのとし十八歳なりし。大事の荷物あづかり、心づかひいふばかりなし。宿にては物さわがしきをりふし、夜通しに荷廻しはしごくあやふし、ひらに一宿有りて明日早く出立あれかし、おそれて人歩も出がたしといはれて、いといと気もまどへど、よし途中にてこと有りとも、おめおめおぢ恐れて一宿しては、養父に云訳なしと心をはりて、荷物に腰をかけて人歩をひたすらにせっきしに、四ツ頃に漸く出《いで》し馬かたは十二三の小女両人なりし。まさかの時は足手まとひぞと思ふには、有《あり》かひもなく心ぼそけれど、ぜひにおよばず引立《ひつた》て行きしに、その物さわがしきと云ふは、今行きかゝる海辺、うしろは黒岩そびえたる大山、前は大海にて人家たえたる中程のいは穴に、とうぞく両三人かくれゐて、昼だにも壱人旅のものをとらへ、衣類身の廻りをはぎとりて、からを海になげ入れしほどに、人通り絶えしをりにぞ有りしと、まご[やぶちゃん注:「馬子」。]どものかたるを聞きて、いよいよ心もこゝろならぬに、はるか遠き海中より、さしわたし壱尺余りなる火の王の如き光あらはれ、くらき夜なるに足本(あしもと)の小貝まであらはに見えたり。はつとおどろき、あれは何ぞと馬子にとへば、こゝはりうとうのあがる所と申しますから、大方それでござりませうと答へて、はじめて見していなり。ことわりや十二三の小女、いかで深夜にかゝる荒磯をこすべき。八弥もおそろしとは思ひつれど、さらぬだに二人の小女ふるふふるふ馬引きゆくを、おぢさせじと気丈にかまへてひかせ行く。盗人の住むと云ふいは穴ちかくなりたらば聞かせよといひ置きしに、小声にてこのあたりぞとつげしかば、何ものにもあれ、出で来らばたゞ一打に切りさけんと、つばもとをくつろげて、心をくばり行き過ぐるに、小女云ふ。こよひはるすでござりませう、あかりがみえませぬと云ひしか。留守とみせてもふと出でくるやとゆだんせざりしが、盗人のうんやつよかりけん、頭もきられざりき。海中の光は三度迄みたりしとぞ。八ツ半<午前三時>過に先の宿にいたりしに、正左衛門は用金残して若き者に預け置き、ものさわがしと聞ていねもやられず。門に立ちてまちゐしが、遠く来りしかげをみるより、やれ八弥、不難にて来りしか、よしなき夜通しゝて大くをまうけしぞやとて悦びしとぞ。海のりやうをするもののはなしに、世に竜とうと云ひふらす物、実は火にあらず、至つてこまかなる羽蟲の身に蛍の如く光有るものの多く集れば、何となくほの如く見なさるゝものなり、夏の末秋にかゝりてことにおほし、時有りておほくまとまりて、高き木のうら、または堂の軒端などにかゝるを火の如くみゆる故、人竜燈と名付けしものなり、つくしのしらぬ火もこれなり、水上に生る虫[やぶちゃん注:先の正字との混在はママ。]にて蛍の類なり、沖に舟をかけてしづまりをれば、まぢかくもつどひくれど、いきふきかくればたちまち散てみえずなるなり、さればかならずこの日には竜とうあがるといふ夜も、大風吹き又は雨ふりなどすればあがらずと聞くを、この夜四くらにてみし光はこれとは異なり。いづれふしぎの光にぞ有りし。

[やぶちゃん注:私の只野真葛「奥州ばなし 四倉龍燈 / 龍燈のこと (二篇)」を見られたいが、同じ、真葛の「むかしばなし (92)」にも同内容の話が載る。]

〔四不語録巻一〕能登国富木の大福寺は、高津の観音と云ふ。山号は金竜山と云ふなり。昔より今に至るまで、毎月十七日の夜、竜燈上るなり。三ケ所より上るなり。今以て見たる者数多し。彼村の百姓室屋弥右衛門と云ふ者の弟何某、松が下と酒見との間に池有り。その辺にかけもちをするなり。然る処に十七日の夜の六つ半<午後七時>時分に、その池以ての外鳴るなり。池の辺《ほとり》に灯火見ゆるなり。その時さてはかの竜燈にてこれ有るべきと、薦(こも)をかぶりかくれて見る所に、十五六歳ばかりなるいつくしき童子、蠟燭のやうなる物を持《もち》て居《を》るなり。しばらく有りて火消ゆる様に見えて、その儘挑灯のごとくになる。蠟燭を挑灯の内へ入れさまに、くらくなる様《さま》の心地するとなり。谷峯を人の行歩《ぎやうほ》する如く越えて、大福寺山へあがり、半時たらず有りて、また右のごとくにして帰る。この時もまた池の中鳴りて、底へ入りたると見えし由語りけるを、聞きたる人の物語りにて爰に記す。延宝の中比の事なり。

[やぶちゃん注:「家焼くる前兆」で既出既注。写本でしか残っておらず、原本には当たれない。

「能登国富木の大福寺は、高津の観音と云ふ。山号は金竜山と云ふ」この名の寺は現存しない。石川県羽咋郡志賀町大福寺として地名で残る。思うに、現在の同地区にある高爪神社の別当寺ではなかったかと推測した。すると、「石川県神社庁」公式サイト内の「髙爪神社」(梯子高(「髙」)表記)に、『高爪山は、山容の美しさから、能登富士と呼ばれて』おり、『その頂上に高爪神社の奥宮が鎮座してい』る。『土地の人々は、「岳(だけ)」とか「岳山(だけやま・高く大きな山の意)」と呼んで崇拝してきた。おそらく、原始頃から、神体山として仰がれていたと思われる。やがて、農耕生活が始まり、大福寺・酒見川流域の野の民は農耕神として、また、浦の民からは航海神(近海航路の目標となって、加賀・越前沖からも姿見される。)として、農・漁民など幅広い信仰に支えられていた。こうした周辺住民の素朴な信仰の対象だった高爪山も、仏教の流入によって複雑なものに変わっていった。神社由緒書に寄れば、『往古は、内宮・外宮・末社八あり、内宮を六社宮と称し、日本武尊・菊理比叱他四柱の神を祀り、外宮を高爪神社と称し、串稲田姫命・事代主命・日本武尊の三柱の神を祀るものにして、七院あり』と記し、『持統皇(』十七『世紀)内外宮を国家安康の祈願所と定め、文武帝特に尊信せられ、大宝』三(七〇三)年六月、『『正一位真蘇坊洞ケ岳大明神の勅宣を賜る』と伝えている。最盛期には、数』十『人の神官・僧官が分立して、山麓に寺坊を建て』(☜)、『六柱の神(高爪大明神・気多大明神・白山妙理権現・伊須留岐権現・若王子・八幡大菩薩)を初め、山頂の祭祀を執り行った。そして、これを管理支配したのが、蓮華光院大福寺』(☜)『で、いわゆる神仏習合の時代が長く続くのである。しかし、明治』二(一八六九)『年、寺院を廃絶して神社だけの今日の姿になった』(☜「神仏分離令」発布の翌年)『のである。一方、前田利家をはじめ、歴代の藩主の崇敬が厚く、社殿の造営や社領の寄進などを行った御印物が現存している。特に』、(☞)『利家が十一面観音を安置して以来、高爪神社は観音堂としての信仰をあつめ、能登国』三十三『番観音霊所の第』二十六『番の札所として、今も観音講の信者の参詣が行われ、時々、御詠歌の合唱が杜から流れて来るのである』(☜)。『附記』:『当神社には、国指定の重要文化財『懸仏(かけぼとけ)六面』がある。鎌倉時代初期』(文永一二・建治元(一二七五)年)『のもので、かつては六社宮の本地仏である。木造彩画で他に類を見ない形式だといわれ、正統な絵師が描いたものである。前記六社の神名をはじめ、年記・願主が銘記されているので、高爪信仰を語る重要な文化財である』とあり、珍しく神社でありながら、観音信仰が現に生きていることが判明した。

「松が下と酒見」孰れの地名も「ひなたGPS」の戦前の地図を見ても、見当たらない。]

〔裏見寒話追加〕積翠寺山《せきすいじさん》の上の火、この山は府の北にあたる。夜陰はこの半腹に鞠の如き灯見ゆる。里俗これを竜火と云ふ。この火出れば三日を過ぎずして必ず雨降るといふ。

[やぶちゃん注:「小豆洗」で既出既注。国立国会図書館デジタルコレクションの『甲斐志料集成』第三(昭和八(一九三三)年甲斐志料刊行会刊)のここの『○積翠寺山の上の火』(本篇はそれを本文に入れ込んであるが、別本によるからであろう)。

「積翠寺山」山梨県甲府市上積翠町、舞鶴城後背の谷の最奥、にある臨済宗妙心寺派万松山積翠寺。武田信玄はここに建造された要害山城で誕生したとされ、境内には産湯を汲んだとされる井戸である「産湯天神」があることで知られる。ここにある温泉に泊まったことがある。]

« 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「竜頭」 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「竜と琵琶」 »