フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« フライング単発 甲子夜話卷二十六 8 舟幽靈の事 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「舟幽霊」 »

2024/01/10

譚海 卷之八 房總幷(ならびに)松前渡海溺死幽靈の事(フライング公開)

[やぶちゃん注:現在、作業中である柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」のために必要となったので、フライングして電子化する。特異的に句読点・記号の変更・追加と、読みを加え、段落も成形した。]

 

 房總海中に夜泊する時、溺死魂魄の靈、出現し、舟にちかづき、

「ひさく[やぶちゃん注:柄杓。]を借(かり)たき。」

よしを、しきりに乞(こふ)。

 その時は、ひさくの底をぬきて、かすなり。

 靈、ひさくを、えて、終夜、海水を汲(くみ)て、舟へ入(いるる)る貌(かたち)をなして、舟を沈めんとす。

 難船溺死の寃(うらみ)にたへず、他船を見ても、妬(ねたみ)を生じ、如ㇾ此(このごとく)する事にこそと、いへり。

 松前渡海の舟も、おほくは、かの地に滯※[やぶちゃん注:「※」=「瑤」-「王」+「氵」。「滯※」は「たいえう」で「長期逗留」の意。]して、晚秋に攬(ともづな)をとけば、歸路洋中《わだなか》にして、おほく颱風《たいふう》に遇ひて破船をなす。松前往來の舟、時々、この魂魄の現ずるに逢ふ事とぞ。

[やぶちゃん注:「溺死魂魄の靈」底本の竹内利美氏が注して、『いわゆる「舟幽霊」「シキ幽霊」の伝承。柄杓の底をぬいて与えるという点も、型どおりのものであった。』とある。「シキ幽霊」は「日文研」の「怪異・妖怪伝承データベース」のこちらに、『シキ幽霊は海に出る妖怪である。海面にニガリがたまって、夕方になると光るのをシキ幽霊という。』とある。]

« フライング単発 甲子夜話卷二十六 8 舟幽靈の事 | トップページ | 柴田宵曲「随筆辞典 奇談異聞篇」 「舟幽霊」 »