フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之八 2 雷を畏るゝの甚だしき人の事 | トップページ | 甲子夜話卷之八 4 麒祥院所藏牧溪の畫 »

2024/01/24

甲子夜話卷之八 3 狐、禽類もばかす事

[やぶちゃん注:これまでのフライング単発で、恣意的正字化変換や推定歴史的仮名遣の読みは勿論、句読点・記号変更・追加、段落成形を行ってきた関係上、以下でも、読者の読み易さを考え、「卷之七」の後半で既にその処理を始めているのだがが、それをルーティンに正式に採用することとする。なお、カタカナの読みは、静山自身が振ったものである。]

 

8-2

 邸隣(やしきどなり)に住(すめ)る人の曰(いはく)、

「某(それがし)幼少のとき、上野山下の根岸に住す。其とき、山より、老狐、出(いで)て、能(よく)馴れ、後(のち)は、食を與(あたふ)れば、屋中に入(いり)て人傍(ひとのかたはら)に在(あり)て、食ふ。

 この狐、人のみに非ず、禽類(きんるゐ)をも、ばかす、と覺へ[やぶちゃん注:ママ。]て、一日(あるひ)、烏、來て、樹抄(こづえ)に在り。かの狐、其樹を囘(めぐ)れば、烏、飛去ること、能(あた)はず。

 狐、樹下に居(ゐ)て、頭(かしら)を搖(ゆら)せば、烏も、樹上に在(あり)て、亦、

頭を搖す。

 一切、狐の爲すが如くせり。」

 然(しか)れば、血氣あるものは、飛走(ひさう)の類(たぐゐ)も惑(まどは)すものと見へたり。

■やぶちゃんの呟き

「邸」静山の隠居所は松浦藩下屋敷で本所にあった。

« 甲子夜話卷之八 2 雷を畏るゝの甚だしき人の事 | トップページ | 甲子夜話卷之八 4 麒祥院所藏牧溪の畫 »