フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之六 藝州嚴島明神祭禮の事 | トップページ | 譚海 卷之六 三州瀧山淸涼院年始鏡餅獻上の事 »

2024/01/27

譚海 卷之六 三州萬歲留守居の事 附(つけたり)萬歲江戶年始諸侯人參上の事

[やぶちゃん注:これまでのフライング単発で、推定歴史的仮名遣の読みは勿論、句読点・記号変更・追加、段落成形を行ってきた関係上、以下でも、読者の読み易さを考え、「卷之六」以降、それをルーティンに正式に採用することとする。]

 

○三河國より萬歲に出る留守の間(あひだ)は、其身上(しんしやう)を賄(まかなひ)するもの、さだまりて、有(あり)。

 年々、まかなひをして、二月初(はじめ)、江戶より、萬歲、終りて後(のち)、その賄の料(れう)を、はじめ、諸(もろもろ)拂(はらひ)もする事也。

 それゆゑ、萬歲に出(いづ)るものの住居(すまひ)する村は、年貢も、每年二月、上納する事也。

 萬歲主領[やぶちゃん注:底本には「主」の補正傍注して、『首』とある。]、江戶の御城へ、まゐるものなどは、每年、乘掛馬(のりかけうま)にて出府する也。

 御城へ登り、萬歲、相濟(あひすみ)て、黃金二枚・米拾俵、賜はるよし也。

 其外、諸大名へ參る萬歲、夫々(それぞれ)に、其屋敷より、賜はるもの、年々、夥敷(おびただしき)事也。

 有馬侯などへ參る萬歲は、表門より、出入(でいり)す。表門に向ひて、つゞみをならせば、恆例にて、門番、門をひらき入(いる)る也。

 やがて、有馬殿、御逢被ㇾ成(なされ)、萬歲勤(つとむ)る事、相かはらず、年々、然(しか)り。

 萬歲の旅宿は、品川に有(あり)て、每日、江戶中にて、もらひ來る鏡餅を、萬歲、うりはらふ。それを、貫目にかけて、かふもの有(あり)。

 其邊に住居する貪窮なるものは、萬歲の餅を、かふて、正月中、くらふ事也。

[やぶちゃん注:「三州萬歲」愛知県の旧三河国地域であった安城市・西尾市・豊川市小坂井町・額田郡幸田町に伝わる伝統芸能。特に、伝承地名により、「別所万歳」(安城市)・「森下万歳」(西尾市)とも呼ばれる。両万歳については、参照したウィキの「三河萬歳」が詳しいので、見られたい。

「貫目にかけて、かふ」というのは、一貫目単位での意味ではなく、「地位や肩書などに拘って豪勢に買う」の意であろう。豊洲の本鮪初競りみたようなもんだろう。]

« 譚海 卷之六 藝州嚴島明神祭禮の事 | トップページ | 譚海 卷之六 三州瀧山淸涼院年始鏡餅獻上の事 »