フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之六 尾張野間の内海義朝々臣墓幷陶家の事 | トップページ | 譚海 卷之六 信州山中熊の事 »

2024/01/27

譚海 卷之六 筑紫めかり神事

[やぶちゃん注:これまでのフライング単発で、推定歴史的仮名遣の読みは勿論、句読点・記号変更・追加、段落成形を行ってきた関係上、以下でも、読者の読み易さを考え、「卷之六」以降、それをルーティンに正式に採用することとする。]

 

○筑紫、「めかりの神事」は、每年、除夜也。

 その夜は、近鄕のうらうら、みな、火をうちけして、ひそみをる也。

 「めかりの事」、終(をはり)ぬれば、社頭にて、はじめて、火を點(とも)す。

「此火の光を、合圖にして、近村の浦々、みな、火を擧(あぐ)事。」

と、いへり。

[やぶちゃん注:「めかりの神事」「和布刈神事」(めかりのしんじ)。福岡県北九州市門司区和布刈に鎮座する和布刈神社で、旧暦十二月晦日から元旦の未明にかけて執り行われる特殊な神事。関門海峡を隔てた対岸に鎮座する住吉神社でも、同日同時刻に同神事を行う。深夜午前一時から午前三時頃の干潮時に、神職三人が正装し、鎌と松明を持って海中に入り、和布(わかめ)を刈り取って、神前に供える。この和布は「万病に効く」と伝えられ、朝廷にも献上した。神功皇后がいわゆる「三韓征伐」のために、この附近を航海中、安曇磯良神(あずみいそらのかみ)が海中より献上した如意珠(にょいじゅ)を使って、目出度く三韓を征したが、これは皇后が磯良神から「潮干(しおひる)・潮満(しおみつ)の法」を学んだ遺風を伝えるのが、この神事であるとされる。元旦、最初の神供として、土地所産の供物を採取・御供する民俗社会的意義がある(小学館「日本大百科全書」を参考にした)。私は、「霧の旗」を皮切りに、小六から中学生にかけて、殆んどの松本清張の推理小説を読破したが、その「時間の習俗」(写真トリックで、今、考えると、頗るショボい)で、初めて、この行事を知ったのを思い出す。グーグル画像検索「和布刈神事」をリンクさせておく。]

« 譚海 卷之六 尾張野間の内海義朝々臣墓幷陶家の事 | トップページ | 譚海 卷之六 信州山中熊の事 »