フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 紀州那智の瀧幷熊野浦の事 | トップページ | 譚海 卷之九 同國布引瀧の事 »

2024/02/22

譚海 卷之九 攝州箕面辨財天の事

[やぶちゃん注:「攝州箕面」(みのお)「辨財天」は大阪府箕面市箕面公園(グーグル・マップ・データ。以下、無指示は同じ)にある本山修験宗(ほんざんしゅげんしゅう)の箕面山(みのおさん)瀧安寺(りゅうあんじ)。本尊は弁財天で、「日本四弁財天」(他の三つは厳島・竹生島・江の島)に数えられ、寺伝によれば斉明天皇四(六五八)年(一説に大化六・白雉元(六五〇)年)に役小角が箕面滝の下に堂を建て、本尊の弁財天像を安置して「箕面寺」と命名したのが創建とされている。また、ここは「宝くじ」の起源である「富籤(とみくじ)発祥の地」ともされる。ここに出る瀧は「箕面大滝」(サイド・パネルの画像も見られたい)で、同地区の最北の部にある。サイド・パネルに多数の写真がある。なお、本文内の「箕尾」の表記は総てママである。前話とは名瀧繋がり。]

 

○攝州箕尾山の辨才天は、大坂より有馬のかたにあたりて、往還五日ばかりなり。「唐人(たうじん)もどり」などいふ大石山路(だいせきさまぢ)にさしかゝり、其下をくゞりて往來する、おそろしきところなり。

[やぶちゃん注:「唐人もどり」「箕面大滝」手前約四百五十メートル手前のここにある。「箕面市商工観光課」作成の写真入り解説によれば、『大門橋にさしかかるところに』二『つの大きな岩が道を塞ぐようにしてそびえています。これが唐人戻岩です』。『昔、この付近が山深く険阻なころ、唐の貴人が箕面大滝の評判を聞き、この巨岩まで来たが、あまりの山道の険しさに恐れをなし引き返したとの伝説があり、唐人戻岩(とうじんもどりいわ)という名が付いたといわれています。岩の高さ約』七・五、幅七・三メートルのものと、『高さ』七・〇三、幅二・一メートルの『ものとの』二『つで成っています』とある。]

 「箕尾のたき」は、那智に比して、「本朝、第二の物。」と稱す。瀧坪まで岩を傳ひのぼらるゝ道あり、高山より、おつるたきなれども、おそろしからず。

「瀧の岩ほの肩に、一筋(ひとすぢ)、水の、橫へはしる所、有(あり)。下より望めば、髮の毛を、一すぢ、みだしたる如く、殊にしほらしく、此水、一筋によりて、瀧の景色をそへたる事、たぐひなし。」

といへり。[やぶちゃん注:サイド・パネルの現在の多数の瀧の画像では、残念ながら確認出来ない。]

 頂上の瀧坪には、神龍、住(すみ)てあり。廣さ一丈ばかりの所より、終年、水、わき出て落(おつ)る淵、靑く、そこひ[やぶちゃん注:「底ひ」。瀧壺の底。]もなく見えて、立(たち)やすらひがたく、おそろしきさまなり。

「日でりにあひて、雨をいのるには、あたらしき馬の沓(くつ)、かたかた[やぶちゃん注:片一方。]を、瀧つぼへ投入(なげい)るれば、卽時に、大雨、降る。」

といひ侍ふ。

« 譚海 卷之九 紀州那智の瀧幷熊野浦の事 | トップページ | 譚海 卷之九 同國布引瀧の事 »