フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之七 眞言宗の僧盜賊と旅行せし事 | トップページ | 譚海 卷之七 官醫池原氏の弟子蛇の祟にあひし事 / 卷の七~了 »

2024/02/15

譚海 卷之七 相州つく井の神大蛇祭禮の事

[やぶちゃん注:底本では「目錄」の順列に問題がある。国立国会図書館本のそれが正しい。]

 

○相模國、つく井と云(いふ)所に、大(おほい)なる蛇、あり。其村の神に祭りて、每年六月十八日には、祭禮とて、一村、群集して、にぎはふ。其日、かならず、此蛇、いでて、道にも、よこたふを、人々、集りて、

「蛇殿を、ころばせ、ころばせ、」

と、いひて、かはるがはるに、此蛇を、終日、社頭に、まろばし、もてあそぶ事なり。

 其日、過(すぎ)ぬれば、又、二度(ふたたび)、蛇、出(いづ)る事、なし。

 蛇の大(おほい)さ、かしらは醬油樽の如くなる、とぞ。

 其形も、あはせて、おしはかるべし。

 その祭禮の日は、村のもの、三人、極(きめ)て、役にあたりて、曾我五郞・朝比奈三郞・けはひ坂の少將の眞似をなして、五郞にあたれる人は、木綿衣裳に鎧のごときものを着て、終日、立(たち)てあり。かたへに、朝比奈にあたる人も、くさずりをとらへて、終日、片膝(かたひざ)たてて、あり。少將にあたりたるものは、手ぬぐひを頭(かしら)にまとひ、女(をんな)めきたる裝束(しやうぞく)して、其かたはらに坐し、膝に兩手を置(おき)て終日ある事、いづれも、木偶(でく)[やぶちゃん注:人形。]のごとし、とぞ。

 片山里(かたやまざと)の風俗、おもふに、質朴なる所作(しよさ)といふべし。

[やぶちゃん注:「つく井」現在の相模原市緑区の旧津久井地区。「ひなたGPS」の戦前の地図を参照されたい。一部は人口湖の津久井湖に沈んでいる。ここで「社頭」とある神社は不詳。多様なフレーズでネット検索をかけても、見当たらない。或いは、明治の神社整理で消えたか、或いは、津久井湖に沈んでいる可能性もあろう。なお、後半の「曾我五郞・朝比奈三郞・けはひ坂の少將の眞似をな」すというのは、歌舞伎狂言「壽曾我對面」(ことぶきそがのたいめん)を模したものであろう。延宝四(一六七六)年正月、江戸中村座で初演された初春を寿ぐ祝祭劇である。詳しくは当該ウィキを見られたい。私は文楽好きの歌舞伎嫌いであるので、三人の人物も、そちらに譲る。因みに「けはひ坂の少將」(「化粧坂の少將」)は遊女の通り名である。]

« 譚海 卷之七 眞言宗の僧盜賊と旅行せし事 | トップページ | 譚海 卷之七 官醫池原氏の弟子蛇の祟にあひし事 / 卷の七~了 »