フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 江戶靑山熊野權現堂安產の符の事 | トップページ | 譚海 卷之八 加州町人木屋滅亡の事 »

2024/02/17

譚海 卷之八 酒桶の杉飛驒山中に大木ありし事

○酒を造る桶は、皆、杉なり。古木を用るほど、酒、よく出來るなり。名洒を造る桶は、五、六百年に及ぶ板にて造(つくり)たる桶成(なる)由。

 先年、飛驒山中に、大なる杉、有(あり)。根のうつぼに成(なり)たるうちへ、三人、入(いり)て、手をひろげつら成(なり)たるに、猶、左右に、餘地、有(あり)。

 大阪の者、此杉を二千銅に直段(ねだん)付(つけ)たれども、所のもの、

「此杉は、うぶすなの如く、伺百年ともなく、あがめ來(きた)る故、賣(うり)わたす相談に及ばず。」

と、いへば、二千五百銅迄、直段をのぼせたれども、終(つひ)に賣(うる)事を、やめたり。

 大阪のもの、申(まふし)けるは、

「此杉、およそ千年餘(よ)のものと見えたり。此杉をもて、酒桶(さかだる)を造りなば、おそらくは池田・伊丹に、此酒より勝(すぐ)たるもの、出來る事、あるまじ。桶にせば、廿七本は出來(でき)べし。其價(あたひ)、はかりなき事。」

と、いへる、とぞ。

[やぶちゃん注:両手を広げた長さは本邦の監修で「尋」(ひろ)と言う。換算では複数あるが、短い一・五一五メートルで十六・五四五メートルとなり、さらに「餘地」があるというのだから、洞(うろ)の内径は十七メートル程もあることになる。所謂、巨大な屋久島の縄文杉でも、幹本体の直径は凡そ五メートルであるから、これはあり得ない。

「二千銅」一両の半分。安杉、基! 安過ぎ。]

« 譚海 卷之八 江戶靑山熊野權現堂安產の符の事 | トップページ | 譚海 卷之八 加州町人木屋滅亡の事 »