フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 薩州ゑのころ飯の事 | トップページ | 譚海 卷之八 甲州山梨郡に鶉なかざる事 »

2024/02/18

譚海 卷之八 丹後にくらがり峠道をひらき幷大江山の事

[やぶちゃん注:標題の「幷」は「ならびに」と読む。]

 

○丹後「天の橋立」より、大坂へ三十里といへども、其一里、五十町、三、四十町成(なる)ありて、遠近、たしかに定(さだめ)がたし。

[やぶちゃん注:江戸時代、一里は三十六町、一応は現在の三・九二七キロメートルとされたが、地方によって、古くからあった一里をわずか六町(六百五十四・五四メートル)とする「小道(こみち)」(主に東国で使われたことから「坂東道」(ばんどうどう)・「東道」(あずまみち)・「田舎道」(いなかみち)等とも称した)が、同じ地方であっても、階級や元の出身地により、分別されることなく、先の「大道」(おおみち:こちらは「西国道」「上道」(かみみち)等とも称した)混用されたのである(その他にも一単位が短い別な「小道」型もものが複数あったらしい)。例えば、江戸の武士であっても(開府の翌年、慶長九(一六〇四)年、徳川家康が、子の秀忠に命じて全国に「一里塚」を敷設させている)、代々の先祖が、土着の武蔵及び周縁地の出身であった場合、好んで「坂東道」を使った例を、私は、資料や随筆で、よく見かける。ただ、ここの「三十里」(約百十八キロメートル弱)は現在の一里換算で何らおかしくはない。最短コースで「天の橋立」から「大坂」までを試しにトレースすると、確実に百二十キロメートルはあるからである。]

 三十里、皆、山路にて、其中に「くらがり峠」と云(いふ)所、大江山の東にあり。至(いたつ)て難所、「一騎うち」の道にして、壹年には、二、三人づつ、谷へ落(おち)て、死(しな)ざる事なき、山間の往來なり。

[やぶちゃん注:「くらがり峠」恐らく例の津村の聴き違いである。京阪で知られた「暗峠・闇峠」(くらがりとうげ)は大坂の東方、奈良県生駒市西畑町と大阪府東大阪市東豊浦町との境(グーグル・マップ・データ。以下同じ)であり、話が合わない。「大江山の東にあり」とあるので、大江山の東にある普甲峠(ふこうとうげ)のことであろう。

「一騎うち」乗馬している場合は、一騎のみしか通れない狭隘険阻な山道であることを言う。]

 あるとし、京師の者某、志(こころざし)をおこして、此道を切開(きりひら)き、今は、道はゞ、三、四尺ほどに成(なり)て、往來のあやまちなく、貳百五十金ほど費(つひへ)たり、とぞ。

 大江山の頂(いただき)に「鬼が城」有(あり)。麓より五十町、有(あり)、荊辣(いばら)、道をふさぎて、甚(はなはだ)、行(ゆき)がたし。案内の者を賴(たのむ)といへども、大かたは、いなみて、行(ゆく)者、稀なり。其所には、石門(いしもん)の側(かたはら)に大成(おほきなる)穴、有(ある)のみなり。

[やぶちゃん注:「鬼が城」「石門の側に大成穴、有」これは現在の「鬼の岩屋」である。サイド・パネルの写真のここがそれ。そこにある解説版をみられたい。三つの伝説が記されてある。宮津市公式サイト内の「鬼が残した数多の痕跡!? 須津にひっそりと残る「鬼の岩屋」も画像と解説があってよい。内部には「千畳敷」などがあるが、自然洞窟と思われる。]

« 譚海 卷之八 薩州ゑのころ飯の事 | トップページ | 譚海 卷之八 甲州山梨郡に鶉なかざる事 »