フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 京師石田勘平心學の事 | トップページ | 譚海 卷之九 備前少將新太郞の事 »

2024/02/25

譚海 卷之九 勢州神戶白子夏月蚊の事

○勢州、神戶(かんべ)・白子(しろこ)邊(あたり)は、蚊にくるしむ事、他國に異なる事なり。

 三月より、蚊帳(かや)をつりて、十月に至り、收(おさむ)る、とぞ。

 蚊のなきほどは、一年、たゞ、五ケ月に過(すぎ)ず。

 暑(あつさ)も、江戶にかわる事なけれど、全體、溫熱の地成(なる)故なるべし。

「いせ、南方にいたりては、又、然らず。」

と、いへり。

[やぶちゃん注:「勢州、神戶・白子」グーグル・マップ・データで示すと、「神戶」(かんべ)は三重県鈴鹿市神戸(かんべ)で鈴鹿市市街を含む内陸であり、「白子」(しろこ)は鈴鹿市白子町(しろこちょう)、及び、同白子で、鈴鹿市南東部、現行の狭義の白子は東側が伊勢湾に面して、白子港を持ち、広義の白子地区は水産業の盛んな地区である。以上からも判る通り、両地区は隣接しているわけではないので、注意されたい。そもそも鈴鹿市は昭和一七(一九四二)年に神戸や白子など隣接する多数の町村が合併して命名されたものである。それは「ひなたGPS」の戦前の地図で判然とする。この広域周辺は旧『河藝郡』(かわげぐん)内の一部(そうでなかった地区もある。但し、「神戶村」と「白子村」は同郡内であった)であった。何故、蚊が異様に多いのかは、よく判らないが、戦前の地図を見るに、『神戶町』の辺縁部も、『白子町』の一帯も、田圃であること、さらに『白子町から『神戶町』の西南周縁にかけて、非常に多くの池沼或いは溜池が非常に多くあるのが視認出来るから、これが一因ではあろう。

« 譚海 卷之九 京師石田勘平心學の事 | トップページ | 譚海 卷之九 備前少將新太郞の事 »