フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 同所蜑あはび取の事 | トップページ | 譚海 卷之九 豆、相の大洋赤汐の事 »

2024/02/23

譚海 卷之九 赤ゑひの魚針にさゝれたる治療の事

○赤ゑい[やぶちゃん注:ママ。]の針は、尾に二本、有(あり)。獵師、釣得(つりう)れば、先(まづ)、針を斷(たち)きる。あやまちて、此はりにかゝるときは、惣身(そうみ)、しびれ、いたむ事、堪(たへ)がたし。

 此痛(いたみ)を療治するには、田の畔(あぜ)に生(おい)たる丸き葉の草あり。それを、とりて、せんじあらへば、卽時に、いゆるなり。

[やぶちゃん注:国立国会図書館本本文では(「目錄」は『ゑひ』と正しいが)、致命的に『赤えび』と誤っている。

軟骨魚綱板鰓亜綱エイ上目エイ亜区トビエイ目アカエイ科アカエイ属アカエイ Dasyatis akajei

である。その毒針の恐ろしさは、「大和本草卷之十三 魚之下 海鷂魚(ヱイ) (アカエイ・マダラトビエイ)」の私の注を参照されたい。死に至るケースもある。

「田の畔に生たる丸き葉の草」一つ、思いつくのは、セリ目ウコギ科チドメグサ属チドメグサ Hydrocotyle sibthorpioides である。当該ウィキによれば、『収斂作用による止血成分があり、古く民間で外傷の止血に使ったため』、『この名がある。血止め薬の使用法としては、生葉を揉んで切り傷などの血止めに使うとよいとされる』。『あるいは、洗ったあと乾燥して生薬のように用いる』とあった。]

« 譚海 卷之九 同所蜑あはび取の事 | トップページ | 譚海 卷之九 豆、相の大洋赤汐の事 »