フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 甲州にてからいもの毒にあたり死たる事 | トップページ | 譚海 卷之八 同國南海の地一村日蓮宗の事 »

2024/02/17

譚海 卷之八 同國猿橋幷鮎一步金等の事

[やぶちゃん注:「同國」は前話「甲州にてからいもの毒にあたり死たる事」を受けたもの。「幷」は「ならびに」。]

 

○江戶より甲州郡内へ廿八里、郡内より甲府へ十二里なり。郡内の町を出(いで)はなるれば、猿橋あり。橋くひをもちひず、左右の岸より持出(もちいだ)して造(つくり)て、橋より、水際までは、三十三尋(ひろ)あり。橋の長さは八十間餘(あまり)と云(いふ)。

 橋をわたりて、甲府へ行(ゆく)かたの橋ぎはに、「猿のやしろ」、有(あり)。此橋を敎(をしへ)て、かけはじめたる猿を祀(まつり)たるゆゑに、里民、甚(はなはだ)、崇敬して「おさる殿」と稱するよし。

「此川の邊(あたり)をはじめ、甲州はすべて、鮎(あゆ)、名所なり。二月より、產す。二月は、鮎の大(おほき)さ二寸有(あり)、三月は、三寸有、八月比(ごろ)は壹尺四、五寸に生長す。至(いたつ)て美味なり。鮎の骨を拔(ぬき)て、くはるゝ事なり。」

と、いへり。

 亦、武田家の時、製(せい)ありし金(かね)、今猶、殘りて、甲州の内にては、今時(こんじ)も、文金・古金に交(まじり)て通用する事、とぞ。壹朱金・二朱金・壹步金と三品(さんぴん)なり。壹朱といふは二朱の半金にあたるものなり。三品とも、金(きん)にて鑄(いり)たるものなり。世に「甲州金」と稱するもの、是なり。今時は、此金、甲州にも不足に成(なり)て、百兩の内、二步ばかり、甲州金を交(まぜ)遣ひて、八分は文金、或は、二朱銀を用(もちひ)る事に成(なり)たる、とぞ。

[やぶちゃん注:「猿橋」現在の山梨県大月市猿橋町猿橋にある桂川に架かる刎橋(はねばし:岸の岩盤に穴を開けて刎ね木を斜めに差込んで中空に突き出させ、その上に同様の刎ね木をさらに突き出させて下の刎ね木に支えさせる。支えを受けた分、上の刎ね木は下のものより少しだけ長く出し、これを何本も重ねて中空に向けて遠く刎ねださせ、これを足場として上部構造を組み上げて板を敷いて橋とした架橋をいう。橋脚を立てずに架橋することが可能となる。現在、木造で現存するのはこの山梨県大月市の猿橋のみ。ここはウィキの「刎橋」に拠った)。ここ(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。ウィキの「猿橋」も参照されたい。

「猿のやしろ」現在の桂川(現在は人造湖である相模湖に流入する)右岸猿橋のたもとに建つ「山王宮」(さんのうぐう)。]

« 譚海 卷之八 甲州にてからいもの毒にあたり死たる事 | トップページ | 譚海 卷之八 同國南海の地一村日蓮宗の事 »