フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 枇杷葉湯に昆布毒の事 | トップページ | 譚海 卷之八 同國猿橋幷鮎一步金等の事 »

2024/02/17

譚海 卷之八 甲州にてからいもの毒にあたり死たる事

[やぶちゃん注:「からいも」はママ。「唐芋」はサツマイモの別名である。なお、前話の「譚海 卷の八 枇杷葉湯に昆布毒の事」は「食い合わせ」の禁忌で、連続する。]

 

○甲州にも「かゞいも」あり。御代官中井淸太夫殿、うへられたる故、「淸太夫いも」とも、いふなり。

 甲州にて、手習の師匠の所へ、人の、此いもを、おくりたる故、やがて、むして、手習子供へ振𢌞(ふるまひ)たるに、いく時をも、へず、其子供十一人、のこらず、死(しし)たり。

 親ども、聞(きき)、おどろきて、師匠のところへ來(きたつ)て、

「かほどまで、大勢、一同に死(しに)侍る事、ふしぎなり。決して、毒を飼(もら)れたる成(なる)べし。」[やぶちゃん注:「飼」には、「人や動物に毒や薬などを与える」の意があるので、かく、当て訓した。]

といふ。

 師匠、

「何(なに)しに、さやうの事をなすべき。但(ただ)、今日(けふ)、さるかたより『淸太夫いも』をもらひたるゆゑ、むして、子供にやりたるが、其跡にて、墨の付(つき)たる筆を砥(なめ)たるにて死(しし)たるや、しらず。われ、試(こころみ)に、是を、くふべし。皆、見物せられよ。」

とて、其師匠、いもをくひて、其跡にて、墨をすりて、飮(のみ)たれば、卽時に死たり、とぞ。

 「『かゞいも』には、硯墨(すずりすみ)、敵藥(てきやく)なり。」

と、いへり。

 されば、「さつまいも」に墨を禁物とするも、同(どう)やう成(なる)事と、おもはる[やぶちゃん注:ママ。]なり。

[やぶちゃん注:「かゞいも」底本の竹内利美氏の後注に、『清太夫いも。ジャガイモ(馬鈴薯)の異称。ジャガイモは近世中期以後の伝来で、信州や甲州では割合早く作られたらしい。「二物考」』(かの高野長英が天保七(一八三六)年に著した「勸農備荒 二物考」。救荒植物として蕎麦と馬鈴薯の二種の栽培を奨励したもの)『には「伝る所を詳にせず、甲信等に古く伝はって蕃殖するといふ」とある。ジャガタライモ・甲州いも・秩父いも・八升いも・清太夫いも・信濃いも等の異名があった。カガいももその一つであったろう』とある。しかし、硯(す)った墨と馬鈴薯(ジャガイモ)の食い合わせが有毒というのは、聴いたことがない。ジャガイモにはソラニン(solanine:水溶性で、ステロイドアルカロイド配糖体)という有毒成分が発芽した部分にあることはよく知られている。ブログ「医薬品情報21」の「ジャガイモの毒性」によれば、『収穫時に見かける小芋も同様の症状を起こすことがあるが、学校等で、児童自身が栽培した芋による事故が殆どで、市販の大きな芋で起こる事故は皆無に近いとされている。収穫後の芋は暗い場所に保管しておき、発芽部分の周囲を深く除去し、緑色の皮は厚くむいて調理することが必要とされている』。『solanineは水溶性であるが、加熱しても壊れない。solanineは馬鈴薯の全ての部分に含まれている。特に光に当たって緑色になった部分や芽の周辺に濃厚に含まれている。solanineacetylcholineを分解する酵素であるacetylcholinesteraseを阻害する働きがある。solanineは酵素阻害物質なので、大量を摂取すると』、『血中のacetylcholineが滞留する』。『solaninechaconineは馬鈴薯の芽に一番多く含まれている』。『馬鈴薯の可食部分100 gあたり平均7.5mgsolaninechaconineを含んでおり、そのうち』、三~八『割が皮の周辺に存在する。一方、光に当たって緑色になった部分は100 gあたり100mg以上のsolaninechaconineを含んでいるといわれている。体重が50kgの人の場合、solaninechaconine50 mg摂取すると』、『症状が出る可能性があり、150 mg300 mg摂取すると死ぬ可能性があるとされる』とあったが、凡そ、一個のジャガイモを食って、子供十一人と大人一人が急死するというのは、信じられない。考えられるのは、その送り主が猛毒の植物の根茎を「淸太夫いも」と間違えていた可能性である。例えば、単子葉植物綱ユリ目イヌサフラン科イヌサフラン属イヌサフラン Colchicum autumnale である。同種の根茎はジャガイモに似ており、猛毒のコルヒチン(colchicine)が含まれており、摂取すると、下痢・嘔吐・皮膚知覚麻痺・呼吸困難を発症し、重症の場合は死亡することもある。参照したウィキの「イヌサフラン」によれば、二〇〇六『年から』二〇一六『年の間に』六『人の死者を出しており、誤食による食中毒が発生しやすい植物とされる』とある。墨の成分がそうした中毒物質の毒性を盛んにするかどうかは、私には判らない。

「敵藥」配合の具合によっては毒になる薬。]

« 譚海 卷之八 枇杷葉湯に昆布毒の事 | トップページ | 譚海 卷之八 同國猿橋幷鮎一步金等の事 »