フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 備前國洞穴鍾乳の事 | トップページ | 譚海 卷之八 和州吉野戶津川龜井六郞子孫の事 »

2024/02/20

譚海 卷之八 備前國洞穴鍾乳の事

[やぶちゃん注:先行する「譚海 卷之二 信州戶隱明神奧院の事」の本文及び私の注を参照されたい。]

 

○信州、戶隱山、奥の院、九頭龍權現の洞穴も、其ふかき事を、しらず。

 天台宗にて、其僧、相詰(あひつめ)て、日々、寅の刻に御供(ごくう)を備ふ。

 洞(ほら)の中(うち)へ入(いる)事、三町ほどにして、供物を備ふる所、杭を四本うちて、其上へ供物を箱に入(いれ)たるまゝに置(おき)て、跡じさりして、洞の口まで出歸(いでかへる)、とぞ。

 若き僧ならでは、勤(つとま)りがたし。

 權現の御心(みこころ)に叶(かなひ)たる僧は、年へても、つとむる者、おほし。又、暫時、つとめて、退(しりぞ)く者も、おほし。

 供物は、箱の内にて、日々、うする事なり。又、幾日も、箱のうちにあるまゝにて、ある事も、有(あり)。

 是も、

「不思議。」

とし、且(かつ)、權現の御きげんよき、あしきを、うらなふ便(たより)とす。

 洞穴より、本社の戶隱明神までは、三十二町[やぶちゃん注:約三・四九一キロメートル。]、有(あり)。

「信州の六兵衞と云(いふ)者、信心にて、近來(ちかごろ)、石碑を道じるしに建(たて)て、三十二町を二十町にさだめたり。」

といふ。

「九頭龍權現は白蛇にてまします。」

よし。

「本地(ほんぢ)は辨才天。」

と、いへり。

 洞穴の前に拜殿あり。拜殿より、ほらの口までは、よほど高き所なるに、廊下をつくりそへて、通行するやうにせしなり。

 山中、冬は至(いたつ)て、雪、深ければ、「雪なで」とて、雪の絕頂より、くづれおつるにおされて、人家、多く、そこなはるゝゆゑ、大盤石(だいばんじやく)の本(もと)を楯(たて)にとりて、盤石より、庇(ひさし)をかけたして、その下に、冬・春までは住居(すまい)する事なり。「雪なで」、くづれ落(おち)ても、盤石にさゝへて、住居のおしうたれぬやうに、かまへたること、とぞ。

« 譚海 卷之八 備前國洞穴鍾乳の事 | トップページ | 譚海 卷之八 和州吉野戶津川龜井六郞子孫の事 »