フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 越後國新潟幷彌彥明神祭禮の事 | トップページ | 譚海 卷之九 若狹國大龜の事 »

2024/02/23

譚海 卷之九 同國熊を獵し幷いたちの事

[やぶちゃん注:「同國」は前話を受けるので、「越後國」。]

 

○又、同國の狩人(かりうど)、熊をとるには、山中に行(ゆき)て、熊のあつまり居(をり)たるを見ては、石をなげ付(つけ)れば、熊、いかりて、追來(おひきた)るとき、高き樹のうらへ、鐵炮を、もちながら、よぢのぼる。

 熊、したがつて、樹へのぼる所を、ねらひて、樹の上より、てつぼう[やぶちゃん注:ママ。]を、熊の口中(くちなか)へ、むけて、うつ。

 熊、はらを、うちぬかれて、卽時に死すと、いへり。

 又、當國には、「いたち」、殊に、おほし。

「山野に行(ゆき)て見れば、「いたち」、穴をほりて住(すみ)たる所に、子を、あまた、出(いだ)して、すまひ[やぶちゃん注:「相撲」。]とらせて、親「いたち」、穴より望(のぞみ)て居(をり)て、負(おひ)たる子をば、行(ゆき)て、あたまを、うちて、歸る。」

と云(いふ)。

 又、人家に「いたちの六人づき」と云(いふ)事あり。越後にて、「たてうす」をば、六人して舂(つく)事なり。「いたち」の集(あつま)り騷ぐ音、此「六人づき」の臼の音に似たり。

「唄を、うたふやうに聞ゆる。」

とて、行(ゆき)てみれば、其音、やんで、いづくに有(あり)ともしれず。

「是、極(きはめ)て其家の興廢に拘(かかは)りたる兆(きざし)なり。家、さかえんとしても、有(あり)、又、おとろへんとしても、ある事なり。」

と、いへり。

[やぶちゃん注:終りの部分は、食肉(ネコ)目イヌ亜目イタチ科イタチ亜科イタチ属ニホンイタチ(イタチ)Mustela itatsi(本州・四国・九州・南西諸島・北海道(偶発的移入):日本固有種:チョウセンイタチMustela sibirica の亜種とされることもあったが、DNA解析により別種と決定されている)やイタチの仲間であるチョウセンイタチ亜種ニホンイイズナ Mustela itatsi namiyei が本邦の民俗社会にあっては狐狸と並ぶ妖怪獣であったことを理解しないと、よく判らないであろう。私の「和漢三才図会巻第三十九 鼠類 鼬(いたち) (イタチ)」を参照されたい。]

« 譚海 卷之九 越後國新潟幷彌彥明神祭禮の事 | トップページ | 譚海 卷之九 若狹國大龜の事 »