フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 入眼入鼻の事 | トップページ | 譚海 卷之九 畿内・勢・尾の人產業の事 »

2024/02/21

譚海 卷之九 京都婦人用意ふかき事

○京都の町人何がしの妻、緣付(えんづき)て、七、八年にもいたり、子供も、壹人、出生(しゆつしやう)せしに、此子、五、六歲の比(ころ)、母の乳(ち)をふくみながら、手すさみに、母の鬢(びん)の毛を引(ひき)たれば、あやまたず、引おとしぬ。

 元來、此妻女、びんの毛、かたがた、はげてなきを、かづらを付(つけ)て、まことに、鬢のあるごとく、つくろひたるなり。

 それを、七、八年の際、夫(をつと)にも、しられず、かくしとげたるに、おもひがけず、小兒に引とられて、大(おほい)に恥らひ、赤面に及び、夫も、はじめて、妻の鬢の、はげたる事をしりて、驚(おどろき)たり、とぞ。

 すべて、京都の女は、たしなみ深く、朝(あした)に起き出(いづ)る時、いつも、鬢のそそげたるをみたる事、なし。女の寢起(ねおき)の顏、人に、みする事、なし、とぞ。起出(おきで)んとする時、先(まづ)、閨(ねや)にて、あらかじめ、髮、なで、そゝげ、つくろひて後、扨(さて)、厠(かはや)へも行(ゆく)事、とぞ。

「大かた、京都の下女は、臺所の業(なりはひ)、終りて、人、しづまりて後、あんどうに、むかひ、燈心一すぢの光りにて、髮ゆふてのち、いぬるなり。朝に、髮ゆふ事、なし。」

と、いへり。

[やぶちゃん注:本篇は、人体の欠損(法的には髪は「人体」であり、本人の意向を聞かずに切った場合、立派な「傷害罪」となる)という点で、前話の「入眼入鼻の事」と確信犯の連関性が認められる。]

« 譚海 卷之九 入眼入鼻の事 | トップページ | 譚海 卷之九 畿内・勢・尾の人產業の事 »