フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 加州町人木屋滅亡の事 | トップページ | 譚海 卷之八 吉備津宮神詠の事 »

2024/02/17

譚海 卷之八 備中國大島の山中貝石の事

○備中、大島と云(いふ)山中(さんちゆう)、谷の石、ことごとく、「しのぶずり」に用(もちひ)る石にて、其紋、あざやかにあり。古來、人、知る事なかりしが、近年、はじめて見出(みいだ)したる、とぞ。

 石の色は靑石(あをいし)なり。

 又、同所、白地と云(いふ)山中より、「貝石(かひいし)」とて、貝の付(つき)たる石を出す。

 冷泉殿門人、現(げん)に掘(ほり)て、京都へ、まゐらせければ、爲泰卿、御歌(ぎよか)を給はせけり。

  海遠き山にありとて貝石の

   鹽(しほ)じまぬさまを見るもめづらし

[やぶちゃん注:「大島と云山中」岡山県笠岡市大島中(おおしまなか)にある御嶽山(みたけやま:グーグル・マップ・データ。以下同じ)のことか? 但し、ここで「靑石」が採掘された(される)という事実はネット上では見当たらない。さらに不審なのは、標題と、後半の頭の「同所」である。同じ備中なら、「同國」とするだろう。しかも、「同所」は前のロケーションの近くであることを意味する。後の注を見て貰いたいが、かなり苦労したものの、後者のロケーションは、ほぼ確定出来たと考えている。私はそちらの周辺にある山で、例によって聴き書きの津村が山の名を誤った可能性が窺えるのである。

「しのぶずり」「忍摺・信夫摺」。大きな石の上に布を広げ、その上に:   シダ植物門シダ綱ウラボシ目ウラボシ科 Polypodiaceaeの歯朶(しだ)の葉をのせ、上から叩いて、その葉の汁を布に染めつけていくもの。その模様の乱れた形状から、「しのぶもじずり」とも言う。古来のそれは、かなり前に廃れており、ネットにはまことしやかに種名を挙げているものもあるが、使用した植物種を限定することは、実際には出来ないようである。要は広汎に種々の草木染めの古式の名ととっておけばよいだろう。

「白地」不詳とする予定だったが、一つ思ったのは、蛍の町として記憶がある、岡山県高梁(たかはし)市落合町福地しろち)であった。そこで調べてみたら、サイト「ソトコト」の『「福地」って“ふくち”じゃないの?! 岡山県高梁市にある蛍のまち。地名に込められた願いとは』に、『高梁市が発行している「広報たかはし」579号によると、戦国時代頃の表記は「白地」で、地名の由来はこの地域で白い土が多く出ていたこと。江戸時代の文献にも「白地」に「しろち」という振り仮名がふられているのだとか。しかし、のちに洪水が起こったことから、「福」という良い字で書くことになったという言い伝えがあるという。全国でも珍しい読み方には、先人たちの「災害が起こらないように」との願いが込められたのかもしれない』とあった。さらに、先の地図を再度見られたい。同地区の西に接する高梁市成羽町(なりはちょう)成羽に、「成羽の化石層」があるのである。サイド・パネルの説明版画像を見られたいが、そこに『成羽層群は貝化石を産出することで知られています』とあるのである。ここと断定してよいだろう。

「爲泰」冷泉為泰(れいぜいためやす 享保二〇(一七三六)年~文化一三(一八一六)年)は公卿・歌人。上冷泉家で冷泉為村の子。門人に、かの屋代弘賢らがいる。歌集に「三代十百首」等がある。]

« 譚海 卷之八 加州町人木屋滅亡の事 | トップページ | 譚海 卷之八 吉備津宮神詠の事 »