フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 信州山中猪を狩事 | トップページ | 譚海 卷之八 丹後にくらがり峠道をひらき幷大江山の事 »

2024/02/18

譚海 卷之八 薩州ゑのころ飯の事

○薩摩にては、狗(いぬ)の子を、とりえて、腹を剖(さき)、臓腑をとり出(いだ)し、其跡を、よくよく、水にて、あらひすまして後(のち)、米を、かしぎて、腹内(はらうち)へ納(いれ)、針金にて、堅(かたく)くゝり封じて、其儘、竃(かまど)の焚火(たくひ)に押入(おしいれ)、燒(やく)なり。

 始(はじめ)は燒兼(やけかぬ)るやうなれども、しばらくあれば、狗の膏(あぶら)、火に和(わ)して、よく焚(やけ)て眞黑になる。其時、引出(ひきだ)し、針金を、とき、腹を、ひらき見れば、納置(をさめおき)たる米、よく蒸(むれ)て飯(めし)と成(なる)。其色、黃赤(きあか)なり。

 それを、そば切料理にて、汁をかけて、食す。

 味、甚(はなはだ)、美なり、とぞ。

 是を、方言には「ゑのころ飯」といふ、よし。

 高貴の人、食するのみならず、さつま侯へも進む。但(ただし)、侯の食に充(あつ)るは、赤犬ばかりを用(もちひ)る事と、いへり。

[やぶちゃん注:ウィキの「犬食文化」を参照されたいが、「日本」項は、時代別に考証されて詳しく、この話と同じ内容で、『薩摩にはエノコロメシ(犬ころ飯)という犬の腹を割いて米を入れ蒸し焼きにする料理法が伝わっていた』とある。但し、そのソースは大田南畝の随筆「一話一言補遺」中の「薩摩にて狗を食する事」である。そこにも原文が示されているが(漢字が新字体)、国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(『蜀山人全集』卷五(明治四一(一九〇八)年吉川弘文館刊))で、当該部を視認も出来るが、実は、その南畝の文章は、一字一句、本文と全く同じなのである。二人は同時代人だが、津村の方が十三年上であり、「譚海」が書かれたのは、寛政七(一七九五)年で、「一話一言補遺」は文化年間(一八〇四年~一八一八年)の記事まで記載されていることから、この南畝のものは、私は、この「譚海」からそのまま抽出したものと断定出来る。

 因みに、私は犬を食べたことは、ない。が、私の連れ合いは、南京大学で日本語教師をした際、女性の学生たちを招いてパーティを開いた折り、中国東北部出身の学生が、この時のために送ってきた赤犬の肉を料理してくれ、食べている。連れ合いは食には五月蠅く、どちらかと言えば、潔癖な方だが、特異的に、はっきりと「とても美味しかった!」と後に語っている。

「そば切料理」蕎麦料理膳の宛ての一品とするの意味か。或いは、鹿児島の霧島地方には「そばずい」という太い蕎麦に、野菜や鶏を油で炒めてから煮込んだ粘度の高い汁を入れた郷土料理があるので、「汁をかけて、食す」というのと、よく合う。]

« 譚海 卷之八 信州山中猪を狩事 | トップページ | 譚海 卷之八 丹後にくらがり峠道をひらき幷大江山の事 »