フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 相州秋田家士小野寺桂之助事 | トップページ | 譚海 卷の九 奥州南部けふの細布の事 »

2024/02/24

譚海 卷の九 羽州秋田獵家士北畠信雄公の事

○同所[やぶちゃん注:前話を受ける。]、城下より十六里北に、天瀨川と云(いふ)所、有(あり)。そこに、古墳、ひとつ、有。

 是は、北畠信雄(きたばたけのぶかつ)の墓なる、よし。

 信雄公、豐臣太闇の時、出羽に配流ありしが、

「こゝにて、薨(こう)ぜられける。」

と、いひつたふ。

 此所に、しげりたる、はやし、有(あり)。

「例年、正月十六日の夜は、林中に音樂の聲(こゑ)、聞ゆる。」

よし、其地の人、物がたりぬ。

 いかなる事にや、あやしき事なり、とぞ。

[やぶちゃん注:「北畠信雄」信長の次男織田信雄/北畠信意(のぶかつ/のぶお/きたばたけのぶおき 永禄元(一五五八)年~寛永七(一六三〇)年)。底本の竹内利美氏の後注に、『織田信雄。信長の次子、伊勢国司となり』、『北畠姓を名告る。秀吉の追放にあって、那須に移され、さらに、天正十九年』(これは天正一八(一五九〇)年の誤りか)『秋田実季の領内に配流された。しかし文禄元年には伊勢に移されている』(ここも現在の知られる事績とは異なる)。『そのため、秋田県山本郡琴丘町天瀬川』(現在は正式には秋田県山本郡三種町(みたねちょう)天瀬川(あませがわ:グーグル・マップ・データ)である)『は信雄配流の地と伝え、そこの古墳をその墓に擬することもあったのだ。「真澄遊覧記」には、そこを「のぶこ畠」と呼んでいたとある』とある。現行での事績は当該ウィキが詳しいが、それによれば、彼は寛永七(一六三〇)年四月三十日に、『京都北野邸で死去』し、『享年』七十三とあり、『織田家の菩提寺である紫野大徳寺の総見院に葬られたが、上野国甘楽郡小幡(現群馬県甘楽郡甘楽町)の崇福寺に分骨され』、『奈良県宇陀市室生の室生寺にも織田信雄の遺骨を分骨した織田廟がある』。『室生寺は』、『もともと北畠国司家の廟があった北畠家所領の寺である。また、滋賀県近江八幡市の摠見寺にも信雄の供養塔がある』とある。]

« 譚海 卷之九 相州秋田家士小野寺桂之助事 | トップページ | 譚海 卷の九 奥州南部けふの細布の事 »