フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 鰹節をこしらふる事 | トップページ | 譚海 卷之八 酒桶の杉飛驒山中に大木ありし事 »

2024/02/17

譚海 卷之八 江戶靑山熊野權現堂安產の符の事

○江戶、靑山、熊野權現堂下と云(いふ)所に、「すいほう和尙」と云(いふ)人、すめり。

 此人、ふしぎの法(ほふ)ありて、安產の守(まもり)を出(いだ)す。產婦あれば、行(ゆき)て願ふ時、使(つかひ)を、またせて、御符を出(いだ)す。禮物(れいもつ)として、三百錢、贈る也。

 產に臨(のぞん)で、此符を、婦人、右の手に持て居(を)るに、極(きはめ)て安產なり。

 七夜(しちや)に至(いたり)て、封をひらき見るに、熊野三所本地(くまのさんじよほんぢ)の御形(みかた)に、其(その)生れし子供の名を書入(かきいれ)て有(あり)、男なれば、男子の名、有(あり)、女子なれば、女の名、書(かき)て有(あり)、生れし子の男女を、たかへず。

 よりて、皆々、ふしぎがることなり。

 三七日(さんしちにち)も立(たち)て、又、右の符を返しまゐらする事にて、持參すれば、あたらしき符に取(とり)かへこ[やぶちゃん注:ママ。]すなり。是は出產の時用(もちひ)たるは、けがれたるゆゑ、とりかへもろふ[やぶちゃん注:ママ。国立国会図書館本は『もらふ』。]よしなり。此度(このたび)は、禮物、二百錢、贈る事なり。

 此和尙卜筮(ぼくぜい)にてもせらるゝか、狐などをつかふて然(しか)るにや、みな人(ひと)、いぶかり思(おもふ)事なり。寬政の頃、もつぱら、はやりたる事なり。

[やぶちゃん注:「熊野權現堂」現在の東京都渋谷区神宮前の熊野神社(グーグル・マップ・データ)。

「七夜」子どもが生まれて七日目の夜。命名など種々の祝いの行事をする。

「三七日」出産後二十一日目に行なう祝い。産後七日目ごとの祝いの三回目。「みなぬか」と読んでもよい。

「寬政」一七八九年から一八〇一年まで。]

« 譚海 卷之八 鰹節をこしらふる事 | トップページ | 譚海 卷之八 酒桶の杉飛驒山中に大木ありし事 »