フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 江戶新材木町加賀屋長兵衞主人に忠盡せし事 | トップページ | 譚海 卷之九 赤ゑひの魚針にさゝれたる治療の事 »

2024/02/23

譚海 卷之九 同所蜑あはび取の事

[やぶちゃん注:「同所」は前話(フライング公開)の「譚海 卷九 相州三浦の蜑海中に金を得たる事」を受けたもの。]

 

○かづき[やぶちゃん注:潜水。]の業(なりはひ)は、城が島の蜑(あま)にこえたるはなし。それが故に城がしまの蜑を、他所(よそ)の浦にても、やとひて、渡世とする事なり。

 されば、房總の浦々まで、やとはれ行(ゆき)て、かせぐ事とす。

 夏より秋迄、半年を百兩、百五十兩などと定(さだめ)て、やとひ、かづきをさすれば、二、三百兩の獵(れふ)を得るにしたがひて、利分を、わかつ事とす。

 城がしまの蜑は、水中にある事、たばこ、二、三ぷくのむほどありて出(いづ)るなり。息のながき事、よその蜑のたぐひにあらず。

 やとはるゝ蜑は、二、三十人ほどづつ、つれ行(ゆき)て、日々、獵をするなり。

 城が島にて、蜑の子の、かづきをならふに、海に入(いり)て、「あはび」、五つとりて出(いで)て父に云(いひ)けるは、

「猶、あはび、六、七つありしかども、息つぎに、先づ、出來(いでき)たり。今、行(ゆき)て、殘りを、え來(きた)るべし。」

と、いひしかば、其親、曰(いはく)、

「汝、又、ゆけりとも、『あはび』、人影を見たれば、ひとつも、あるまじ。汝、殘りのあはびをとらんとせば、五(いつつ)とるべきを、先(まづ)、四つとりて、ひとつとらん手のひまに、もちたるやすにて、あるかぎりのあはびの背を、ひとつづつ、うちて出(いづ)れば、あはび、うたれたるに恐(おそれ)て、岩に取付(とりつき)て其所(そこ)をはなれず。扨(さて)、息をつきて、行(ゆき)て見れば、『あはび』、やうやう、岩をはなれて、にげんとする所へ行(ゆき)あはするゆゑ、皆、とらるゝなり。」

と、をしへしとぞ。

[やぶちゃん注:最後の教えは、「なるほど!」と感心する。早い時は一分間に五十センチメートルセンチ以上の速度で移動出来る。アワビには眼点があり、触覚の横にある黒い点がそれであり、光を感じるだけであるが、触角が鋭敏であり、周囲の異変を、この二つの器官で感知し、岩の隙間に潜り込むから、この話は、まんざら、法螺話とは言えないと私は思うからである。貝殻の外側を損壊するほどの打撃を加えれば、逃走するよりも、引き剝されることを警戒して、岩に強く吸着して、寧ろ、暫くは、動かないと考えるからである。なお、よく描かれてある『毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 石决明雌貝(アワビノメガイ)・石决明雄貝(アワビノヲカイ) / クロアワビの個体変異の著しい二個体 或いは メガイアワビとクロアワビ 或いは メガタワビとマダカアワビ』をリンクさせておく。学名はそちらの私の注を見られたい。]

« 譚海 卷之九 江戶新材木町加賀屋長兵衞主人に忠盡せし事 | トップページ | 譚海 卷之九 赤ゑひの魚針にさゝれたる治療の事 »