フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 備中吉備津宮御釜の事 | トップページ | 譚海 卷之八 備前國洞穴鍾乳の事 »

2024/02/20

譚海 卷之八 備前國洞穴鍾乳の事

[やぶちゃん注:サイト「岡山観光WEB」のこちらによれば、岡山県の「井倉洞」と「満奇洞」がある(写真・地図有り)。さらに、西直近に平案時代には既に知られていた日本最古の鍾乳洞とされるスケールの大きい岡山県真庭(まにわ)市上水田(かみみずた)の「備中鐘乳穴」(びっちゅうかなちあな)(同前の独立ページ)があり、これも含めていいだろう。問題は、標題と冒頭の「備前」で、これは「備中」の誤りである。]

 

○備前の邑久郡(おくのこほり)[やぶちゃん注:底本に「邑久」の右に編者の補正注で『(奥の)』とある。「邑久郡」は確かに備前にあったが、瀬戸内海沿岸域で、旧邑久郡には知られた鍾乳洞はない。]に洞穴あり。

 入口、盤石(ばんじやく)をうがちて、出入(でいり)するに、さはらぬやうに、かまへたり。

 入(いり)て、十町[やぶちゃん注:一・〇九メートル。]程ゆけば、高き石上にのぼる、その道は、石をうがちて、階(きざはし)になせる十級(きふ)斗(ばか)り有(あり)、のぼりて見れば、そのうへ、たひらか成(なる)事、「むしろ」をしきたるごとく、座地、廣(ひろく)、甚(はなはだ)ゆるやかにして、約(やく)する[やぶちゃん注:「に」が欲しい。]、三、四十間[やぶちゃん注:五十四・五四~七十二・七二メートル。]もあるべし。

 それより又、くだる道あり。おなじく、階をつくりて、くだりはてたれば、洞中、みな白璧(しらかべ)のごとく、みゆ。松明(たいまつ)に、てらしてみれば、ことごとく、石鍾乳(せきしようにゆう)なり。火うち石の如く、稜(かど)ありて、石より、垂出(たれいで)たり。それを過(すぎ)て、三町ほどゆけば、流水、有(あり)、尋常の川に異ならず。

「はじめ、渡る時は、脛(すね)を沒す。中流にては、水、臍(へそ)におよぶ。」

と云(いふ)。

「わたる向ふのきしは、又、水、脛に及(およぶ)ばかりなり。是を探(さぐり)たる人、水を恐(おそれ)て、歸りたり。水のあなたは、又、洞中の道ありて、行(ゆく)時は因幡の國へ出(いづ)る。」

と云(いふ)。

「甚(はなはだ)、近道なり。」

とぞ。

「洞口より、因幡まで、一里半ばかり有(あり)。」

と、案内の者、語りし、しなり。

[やぶちゃん注:内部のスケールと最後の「因幡」に抜けるという記載から、「備中鐘乳穴」(グーグル・マップ・データ)の可能性が高い。]

« 譚海 卷之八 備中吉備津宮御釜の事 | トップページ | 譚海 卷之八 備前國洞穴鍾乳の事 »