フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之八 20 萩原宗固幷門人塙撿校、橫田袋翁の事 | トップページ | 甲子夜話卷之八 22 京都御所えは申樂入ことを禁ず。又、「平家」をかたるも、撿校、申樂へは、不ㇾ傳事 »

2024/02/02

甲子夜話卷之八 21 塙撿校の詠歌

[やぶちゃん注:これまでのフライング単発で、恣意的正字化変換や推定歴史的仮名遣の読みは勿論、句読点・記号変更・追加、段落成形を行ってきた関係上、以下でも、読者の読み易さを考え、「卷之七」の後半で既にその処理を始めているのだが、それをルーティンに正式に採用することとする。なお、カタカナの読みは、静山自身が振ったものである。本篇は前の「甲子夜話卷之八 20 萩原宗固幷門人塙撿校、橫田袋翁の事」の塙保己一のことを受けて、書かれたもの。「又、云」とあるからには、話者は同じ林述斎。]

 

2-21 塙撿校の詠歌

 又、云(いふ)。

「塙和、學に長じたる始末は、世の人、知る所なり。その緖餘にて、たまたま、よめる歌も、頗る采(と)るべきもの、多し。

   曉梅

 月はとく人し軒端も開(ひらく)梅の

      花の光に明(あけ)がたのそら

   きさらぎ

 かりがねのゆくゑやいづこつばくらめ

      軒のふる巢にきさらぎの空

   霞中春雨

 そことなく霞む夕(ゆふべ)もくつの音に

      やがて雨しる庭の眞砂地(まさごぢ)

[やぶちゃん注:「雨しる」「雨(あめ)著(し)る」で、「しっかりと降り始めた」の意か。]

   夏天象

 わか葉もる月こそあらめ大空の

      ほしの林も影ぞ涼しき

   原照射

 ともしけつ木の下露(したつゆ)や棹鹿(さをしか)の

      いのちとたのむ宮木のゝ原

[やぶちゃん注:前書きは「はら、てりいる」か。「棹鹿」これは当て字で、「さをしか」は「小牡鹿」で、「さ」は美称の接頭語で「雄の鹿・牡鹿(おじか)」。思うに、これは、「源氏物語」の「匂宮」の帖の「秋は、よの人のめづる女郎花、さをしかのつまにすめる萩の露にも、をさをさ、御心、うつし給はず。」辺りをインスパイアしたものか。]

   水鷄(くひな)

 岩間もる音も聞へて山かげの

      柴の戶たゝく水の庭とり

[やぶちゃん注:「水鷄」鳥綱ツル目クイナ科クイナ属クイナ亜種クイナ Rallus aquaticus indicus 。博物誌は私の「和漢三才圖會第四十一 水禽類 水雞 (クイナ・ヒクイナ)」を参照されたい。]

   泉

 すゞしさを秋ともいはゞいはし水

      いづこに夏は木がくれのやど

   秋水

 朝貌(あさがほ)のませがき近くせき入て

      いさごもるりのそこの池水

   蟲

 夜をのこす霧の籬(まがき)になくむしは

      明(あけ)てもしばし聲のひまなき

   秋鳥

 もみぢ葉はのこらぬ枝にてりうその

      猶つれなくも秋をしむ聲

[やぶちゃん注:「てりうそ」「照鷽」で、スズメ目アトリ科ウソ属ウソ亜種ウソ Pyrrhula pyrrhula griseiventris の雄を指す語。ウソの雄は頬・喉が淡桃色を呈するが、雌には、この特徴は発現しない。私の「和漢三才圖會第四十三 林禽類 鸒(うそどり) (鷽・ウソ)」を参照されたい。]

   庭初雪

 つもれるも待(まち)し日數にくらべては

      まだ淺ぢふの庭のしら雪

   鴛鴦敷翅(おしどりしきばね)

 くるゝ日やおしとなくらん波にしく

      つばさの錦廣澤(ひろさは)の池

   冬獸(ふゆけもの)

 あさるべき木の實もそこと白雪に

      うきをましらの冬ごもりして

[やぶちゃん注:「ましら」猿。]

   月前獸(つきまへけもの)

 窓とぢてみぬ月かげや晴(はれ)ぬらん

      門(かど)もる犬の聲ぞさやけき

   寄夢懷舊【故水戸宰相殿三年忌。】

 うつゝとはたれか三とせの花の陰

      月のまとゐも夢のまにして

[やぶちゃん注:「故水戸宰相殿三年忌」。常陸水戸藩第七代藩主徳川治紀(安永二(一七七三)年~文化一三(一八一六)年)。この歌は珍しく詠歌の時期が文政元(一八一八)年八月に特定されていることになる。

「月のまとゐ」「月の圓居(まとゐ)」。月見のために治紀が人を呼び集めて団欒したことを指す。]

これら、

「たまたま、臆記(おくき)したり。」

とて、林氏、談中に、吟じけり。撿校が詠は、

「風調、卑(ひ)くし。」

との世評なり。

 當人の意は、

「風調の高き所は、搢紳家(しんしんけ)にあるべし。我輩は、たゞ、陳腐ならず、尖新(せんしん)なるほどにて、事足(ことた)るべし。」

と常に云(いひ)けり。

 予も、年來(ねんらい)の相識(さうしき)なり。

■やぶちゃんの呟き

「搢紳家」笏 (しゃく) を「紳」 (おおおび) に「搢」 (はさ) むの意から、「官位が高く、身分のある家系を指す。

« 甲子夜話卷之八 20 萩原宗固幷門人塙撿校、橫田袋翁の事 | トップページ | 甲子夜話卷之八 22 京都御所えは申樂入ことを禁ず。又、「平家」をかたるも、撿校、申樂へは、不ㇾ傳事 »