フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 備前國西大寺正月十四日福ひろひの事 | トップページ | 譚海 卷之九 同侯の奥へ戲者招かるゝこと幷數學の事 »

2024/02/24

譚海 卷之九 同侯江戶の邸及侯性行の事

[やぶちゃん注:底本も、国立国会図書館本も、「目錄」の順序に本文とは異同がある。標題「邸」は「やしき」と訓じておく。なお、この前の「備前國大すり鉢の事 久留米侯寬裕の事」は既にフライング公開してある。標題の「同侯」及び冒頭の「此有馬侯」は、その話に関わって受けたもの。]

 

○又、此有馬侯、江戶品川に下屋敷有(あり)、海に臨(のぞみ)て、面白き家作(かさく)なり。

 朱の勾欄(こうらん)[やぶちゃん注:「高欄(かうらん)」に同じ。]など設(しつ)られて、めづらしきふしんなり。

 土用中、寶生大夫(ほうしやうたいふ)、親子にて、暑氣見舞に參扣(さんこう)[やぶちゃん注:「參叩」とも書く。高位の人の所へ参上すること。]せしとき、

「品川の下屋敷に、候の居(を)らるゝ。」

よしを聞(きき)て、箕田(みた)より、直(ただち)に、かしこに赴(おもむき)しに、

「寶生大夫、參上。」

のよしを聞(きか)れて、此侯、

「逢(あふ)べし。」

とて、居間へ、よばれける。

 其日、甚(はなはだ)、暑(あつく)成(なり)しに、種々(しゆじゆ)の蒲(ふ)とんを、高く、いくらも、積重(つみかさね)て有(あり)ける。

 侯、はだかにて、紅(くれなゐ)の絹の犢鼻褌(ふんどし)一つになられ、ふとんの、いたゞきに坐して、墨塗(すみぬり)に蒔繪(まきゑ)したる、七つはしごを、双方に、かけて、給仕の婢(はしため)兩人、絹の帷子(かたびら)一重、着て、はしごを、おりのぼりするところへ、寶生親子、呼出(よびいだ)されければ、寶生は、ふとんの下に、うづくまりゐて、暑中のうかゞひを、のベけるに、有馬侯、上より聲をかけて、

「けふは、殊の外、暑氣なり。ゆるりと、休息して、歸(かへる)べし。なんと、女子(をなご)どもの内股は、下から、見へるにや。」

など申され、父子、大(おほき)に迷惑して、退出せり。」

と、人のかたりし。

[やぶちゃん注:「有馬侯」底本の竹内利美氏の後注に、『久留米藩主有馬氏。寛政ころの藩主は有馬頼貴』(延享三(一七四六)年~文化九年二月三日(一八一二年三月十五日)、『藩治に実績をあげている』とあったが、当該ウィキを見ると、『当時の久留米藩は財政難に悩まされていた。ところが頼貴は相撲を好んで多くの力士を招いては相撲を行ない、さらに犬をも好んで』、『日本全国はもちろん、オランダからも犬の輸入を積極的に行い』、『財政難に拍車をかけた。このため、家臣の上米を増徴し、さらに減俸したり家臣の数を減らしたりして対処している。しかし幕府からの手伝い普請や公役などによる支出もあって、財政難は解消されることはなかった』ともある。この驚きの暑気払いのありさまは、何となく、ウィキの言う上のような変奇の「困ったちゃん」ぽいのが、爆発してるわ。

「下屋敷」「江戸マップβ版」の「芝高輪辺絵図(位置合わせ地図)」の『有馬中務大輔』とあるのが、それ。現在の高輪の品川駅のある場所で、江戸湾に接してある。

「寶生大夫」宝生流十四代本家宝生英勝である。将軍徳川家斉・家慶に仕え、寛政一一(一七九九)年に、初めて宝生流謡曲の正本「寛政版」を刊行し、宝生流が最も幅を利かせた時代を作った。彼は文化八年十二月四日(一八一一年一月十七日)死去で、有馬頼貴と没年がグレゴリオ暦では同年にして、二ヶ月足らずしか変わらない。

「箕田」久留米藩芝上屋敷は現在の東京都港区三田一丁目(グーグル・マップ・データ)にあったから、これは「みた」と読んでおいた。この漢字表記の例は見出せなかったが、ウィキの「三田(東京都港区)」を見ると、『地名の由来』の項に、『この地に朝廷に献上する米を作る屯田(みた)が存在したからとも、伊勢神宮または御田八幡神社の神田(みた)があったからともいわれる』とあって、「箕」(米などの穀物の選別の際に殻や塵を取り除くための農具)と強い親和性があるので、違和感は私にはない。]

« 譚海 卷之九 備前國西大寺正月十四日福ひろひの事 | トップページ | 譚海 卷之九 同侯の奥へ戲者招かるゝこと幷數學の事 »