フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 同侯江戶の邸及侯性行の事 | トップページ | 譚海 卷之九 北海𢌞りの船直乘の事 »

2024/02/25

譚海 卷之九 同侯の奥へ戲者招かるゝこと幷數學の事

[やぶちゃん注:「同侯」は前の二話の主人公である変奇大名有馬頼貴を指す。]

 

○此侯の奥へ、時々、戲者(わざおぎ/ぎしや)[やぶちゃん注:この場合は広義の芸能の役者の意である。]、まぬかれ、終夜(よもすがら)、芝居・狂言、有(ある)事、時々(じじ)[やぶちゃん注:副詞。「しばしば」。]に及べり。

 戲者を奥へ通さるゝ通路、表の内、玄關の側(かたはら)に、穴藏、有(あり)て、夫(それ)より入れば、地道(ぢみち)を過(すぎ)て、奧の舞臺へ直(ただち)に通らるゝやうに拵へられたる、とぞ。

 諸藩中に、比類なき俠客なれども、朔望(さくばう)のつとめ、怠(おこたり)なく、殊に年﨟(ねんらう)にて、少將に奉任、有(あり)。

 又、數學は無雙の事にて、家司にも、入江平馬など云(いふ)儒者をはじめ、數學に達せし人、多くありて、新著の算術の書など、板行(はんぎやう)にせられたる、有(あり)。

 華人(くわじん)も、いまだ解しかねたる法(はう)まで、術を付(つけ)たる書にて、天下の數學者、歎美する事共、多し。

[やぶちゃん注:「朔望のつとめ」本来の「朔望」は、陰暦の一日と十五日を指すが、古代中国より、その日に朝謁する礼があったので、ここは、「幕府への勤仕(ごんし)」を指す。

「年﨟にて」「年をとってから」の意。頼貴は五十九歳の文化元(一八〇四)年に左少将に遷任されている。

「入江平馬」(いりえへいま)は、暦算家・兵法家であった入江東阿(とうあ 元禄一二(一六九九)年~安永二(一七七三)年)の通称。名は修敬・脩。江戸生まれ。初めは大島喜侍、後、中根元圭に学んだ。「山鹿流軍学」にも精通していた。寛延二(一七四九)年、筑後久留米藩に勤仕した(頼貴は未だ四歳で、当時は第七代藩主有馬頼徸(よりゆき)の治世。彼自身も数学者(和算家)として知られ、当該ウィキによれば、『それまで』五十二『桁しか算出されていなかった円周率をさらに』三十『桁』、『算出し、小数の計算まで成立させた』。明和六(一七六九)年には『豊田文景の筆名で』「拾璣算法」全五巻をも著している、『これは関孝和の算法をさらに研究し、進めた成果をまとめたものである』とあった)。著作に「天経或問註解」・「神武精要」等がある。]

« 譚海 卷之九 同侯江戶の邸及侯性行の事 | トップページ | 譚海 卷之九 北海𢌞りの船直乘の事 »