フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 上總國おふの明神・みたらし逆手地藏・水とおしの事 | トップページ | 譚海 卷之八 諸獸の論幷獵犬の事 »

2024/02/18

譚海 卷之八 甲州除夜に菓をもよほす法幷まゆ玉の事

[やぶちゃん注:「菓」は「このみ」。「もよほす」は本文に従うなら、実のなる有用樹木に対し、脅迫を言上げし、木の精(せい)役を演じる者がいて、それに詫び言を言ったりするという芝居のようなことをすること(芝居を「催す」)を指している。「幷」は「ならびに」。

 なお、この前話「同國定元村萬立寺住持旦那を取殺したる事」は既にフライング公開してある。]

 

○甲州にては、除夜に、栗・梨等の樹(き)の木(き)もとに行(ゆき)て、實(み)のよく成(なる)ために、樹を責(せめ)て、

「ならずば、切らん。」

と云(いふ)。その時、傍(かたはら)に詫(わびる)人、又、有(あり)て、

「いかにも能(よく)なるべきまゝ、必(かならず)、切るを、ゆるし、たべ。」

と、わぶる。

 よくよく、わびさせて、怠狀(たいじやう)、乞(こひ)て、されば、其樹、年なりせず[やぶちゃん注:ママ。国立国会図書館本では『年きりせず』で、その「年」(とし)(は)伐(き)「り」(は)「せず」で意味は通る。]、每年、能(よく)みのるなり。

 又、正月十四日には、座敷の眞中に、立舂(たてうす[やぶちゃん注:このうち、「うす」は珍しい底本にあるルビである。])ほどなる切かぶをすゑて、それに大成(だいなる)木のえだをたてて、だんご、あまた、枝につけて、「まゆ玉」とて、いはふ。

 是、「かひこ」の能(よく)出來(いできた)る「まじなひ」なり。

[やぶちゃん注:「怠狀」古代から中世にかけて、罪や過失を犯した者が、それを認めて差し出す謝罪状。「おこたりぶみ」とも言う。

「まゆ玉」「繭玉」。正月の飾り物の一つ。桑や赤芽柏(あかめがしわ)の枝に、繭のように丸めた餠や団子を数多く附け、小正月に飾るもの。本来は、ここに出る通り、その年の繭の収穫の多いことを祈って行なったものである。後には、葉のない柳や笹竹などの枝に、餠や菓子の玉を附けたり、七宝・宝船・千両箱・鯛・大福帳などを象った縁起物の飾りを釣るしたりしたもの。現在は、神社などで売っているそれを買って、神棚や部屋・鴨居等に飾る。「なりわい木」「まゆだんご」とも呼ぶ。私が小学生だった一九六〇年代前半の家の近くの藤沢の渡内の野良を正月に歩くと、小さな祠(ほこら)の扉に、挿し掛けてあったものだ。そんな光景も総て幻影となってしまった。]

« 譚海 卷之八 上總國おふの明神・みたらし逆手地藏・水とおしの事 | トップページ | 譚海 卷之八 諸獸の論幷獵犬の事 »