フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 同所漁獵の事 | トップページ | 譚海 卷之九 江戶新材木町加賀屋長兵衞主人に忠盡せし事 »

2024/02/23

譚海 卷之九 駿州御殿場の御家の庭に淸水出しの事

[やぶちゃん注:この前の四話は、

「卷之九 房總の地狐釣の魚を取る事 / 江戶十萬坪の狐釣の魚を取る事」(カップリング)

「卷之九 同市ケ谷外山婆々狐の事」

「卷之九 鍋島家士坂田常右衞門夫婦の事」

は総てフライング公開してある。]

 

○駿河、富士參詣の驛に、御殿場といふ所、有(あり)。其驛の、酒、うるもの、殊に貞實にて、親にも孝ある事に、人、いひあへりしが、一とせ、居宅の庭より、淸泉(せいせん)、わき出(いで)て、淸らか成(なる)事、たぐひなし。

 其水にて、酒をつくりぬるに、酒、いよいよ能(よく)出來(いでき)て、富有の身と成(なり)て、今は、其驛中(えきなか)にて、第一のものに分限の家となれり。

 是、美濃の「養老の瀧」のたぐひに同じ。是は、まのあたり見たりし事なれば、こゝに、しるす。

[やぶちゃん注:これは珍しく作者津村の現地現認談である。

「御殿場」足柄峠―竹之下―御殿場―沼津を結ぶ道筋は、東海道五十三次には含まれない。これは古道であって、富士山噴火が収まった時期、小田原から足柄峠を抜けて竹之下から御殿場を抜け、富士山と愛鷹山(あしたかやま)の間を南西に下って現在の富士市に至るルートで「矢倉沢往還」と呼ばれ、脇往還として利用されたものである。以上はサイト「御殿場の魅力発掘隊」の「【御殿場の道:2】古代東海道」に拠った。地図もあるので、参照されたい。

『美濃の「養老の瀧」』私の「甲子夜話卷之八 13 養老酒の事」を参照されたい。]

« 譚海 卷之九 同所漁獵の事 | トップページ | 譚海 卷之九 江戶新材木町加賀屋長兵衞主人に忠盡せし事 »