フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 同國猿橋幷鮎一步金等の事 | トップページ | 譚海 卷之八 琉球國禪宗のみある事 »

2024/02/17

譚海 卷之八 同國南海の地一村日蓮宗の事

[やぶちゃん注:この前の話「上總國大久保に樹の化物出る事」は既にフライング公開している。而して標題・本文の冒頭の「同國」は「上總國」を指す。]

 

○同國、南方瀕海(ひんかい)の一村は、殘らず、日蓮宗にて、他の宗旨、なし。爰(ここ)を六十六部の修行者とほりても、その道を其まゝ掃除して、忌嫌ふほどの事なり。

[やぶちゃん注:村名を出していないが、これは、恐らく旧小湊村、現在の千葉県鴨川市内浦(グーグル・マップ・データ)、それに接する日蓮が生まれた地の近くに後に創建された誕生寺がある千葉県鴨川市小湊等の旧近村ではないかと思われる。日蓮宗は「立正安國論」で知られる通り、あらゆる他宗を排撃した。中でも日蓮宗徒以外を徹底的に拒否した「不受不施派」は江戸時代も禁教扱いであった。但し、日蓮の認識から考えれば、「不受不施派」は日蓮宗の中で最も正統にしてファンダメンタルな一派であると私は論理的には考えている(なお、私は無神論者であるが、聖書も「立正安國論」も読んだ。因みに、禅の思想と、人としての親鸞を高く評価はしている)。而して、江戸時代の「不受不施派」の正統派は、日蓮所縁の房総半島、「上總國」「安房國」等に多く潜伏していたからである。]

« 譚海 卷之八 同國猿橋幷鮎一步金等の事 | トップページ | 譚海 卷之八 琉球國禪宗のみある事 »