フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 岩國半紙幷岩國八幡宮の事 | トップページ | 譚海 卷之九 勢州あけ野の神社除夜繪馬の事 »

2024/02/21

譚海 卷之九 朝士山川下野守殿由緖の事

○武州、道灌山(だうくわんやま)の北、平塚村に、平塚明神の社(やしろ)あり。

[やぶちゃん注:「道灌山」現在の荒川区西日暮里のここ(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。

「平塚明神」北区上中里にある平塚神社。道灌山の北西約二キロメートル位置。]

 是は、國初(こくしよ)の時、城寬(じやうくわん)と云(いふ)盲人の建立(こんりふ)せしなり。

 此社の西に、往昔(そのかみ)、臺德院公方樣[やぶちゃん注:第二代将軍徳川秀忠。]の御殿ありて、時々、御鷹狩の御(おん)ついでには、御一宿などありしゆゑ、今も、猶、其所(そこ)のものは「御殿山」と稱して、みだりに人をいるゝを、ゆるさず。

 ふりたる池などありて、ものすごき所なり。

 元來、此地に八幡宮の古社、有(あり)。

 城寬、宿願ありて、こもりたる折柄(をりから)、臺德院樣、御成(おなり)有(あり)て、

「いかなる者ぞ。」

と御尋有(あり)ければ、

「宿願によりて、一七日(ひとなぬか)、此社(やしろ)にこもり侍(はべる)。」

よし、申上候時、しゆくぐわんの旨(おもむき)、御尋(おたづね)あるも、いかゞなれども、

「仔細、何事にや。」

と、上意、有(あり)。

 城寬、重(かさね)て、

「卑賤の身、殊に、かたわにして、兩親さぶらへば、いかにも立身して、親を安樂に供養し侍り度(たき)由、祈禱し奉る。」

と申上(まふしあげ)ければ、

「不便(ふびん)の事なり。」

と思召(おぼしめし)、則(すなはち)、百石の知行を賜(たまは)り、其後(そののち)は、度々、御城(ごじやう)へも召(めさ)れける。

 城寬、

「ひとへに、八幡宮の御加護。」

と、よろこび、やがて賜る所の、なかばをわけて、此社(やしろ)に寄附せし、とぞ。

 此城寬が親は、豐島左衞門といふ人の譜代の家人にて、家に持傳(もちつた)へたる義家朝臣の鎧(よろひ)ありしが、

「子孫にいたり、そまつにならんも、勿體(もつたい)なし。」

とて、鎧を今の地にうづめ、塚を築(きづき)て、古社(ふるやしろ)を遷(せん)し、今の平塚明神となせし事、とぞ。

 此城寬が子孫は、御旗本にて、山河下野守殿といふは、その末なり。今は三百石の知行賜りてあり。その中(うち)より、五十石をば、此明神の社頭に奉りてある事と、いヘり。

[やぶちゃん注:よくお世話になる日高慎也氏の、主に首都圏にある寺院・神社概要紹介サイト「猫の足あと」の「平塚神社|源義家豊島太郎近義に与えた鎧一領を埋めて平塚三所大明神」の『境内掲示による平塚神社の由緒』に拠れば、『平塚神社の創立は平安後期』の『元永年中』(一一一八年~一一二〇年)『といわれている。八幡太郎源義家公が御兄弟とともに奥州征伐の凱旋途中に』、『この地を訪れ』、『領主の豊島太郎近義に鎧一領を下賜された。近義は拝領した鎧を清浄な地に埋め』、『塚を築き』、『自分の城の鎮守とした。塚は甲冑塚とよばれ、高さがないために平塚ともよばれた。さらに近義は社殿を建てて義家・義綱・義光の三御兄弟を平塚三所大明神として祀り』、『一族の繁栄を願った』。『徳川の時代に、平塚郷の無官の盲目であった山川城官』(☜)『貞久は平塚明神に出世祈願をして江戸へ出たところ』、『検校という高い地位を得て、将軍徳川義光の近習となり』、『立身出生を果たした。その後、義光が病に倒れた際も』、『山川城官は平塚明神に家光の病気平癒を祈願した。将軍の』病気『はたちどころに快癒し、神恩に感謝した山川城官は平塚明神社を修復した。家光自らも五十石の朱印地を平塚明神に寄進し、たびたび参詣に訪れた』とある。リンク先には、それ以外の史料も豊富に載っているので、是非、読まれたい。それにしても、江戸在住の津村の記載でありながら、漢字表記・史実その他で、おかしな部分が多過ぎる。彼自身の杜撰さが露呈している。]

« 譚海 卷之九 岩國半紙幷岩國八幡宮の事 | トップページ | 譚海 卷之九 勢州あけ野の神社除夜繪馬の事 »