フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之九 駿河富士山裾の浮田つなぎ田の事 | トップページ | 譚海 卷之九 越後國新潟幷彌彥明神祭禮の事 »

2024/02/23

譚海 卷之九 常州水戶に矮人の事

[やぶちゃん注:「矮人」は「わいじん」で「背丈が低く、身体の小さい人」を指す語。]

 

○『水戶には、矮人、おほく出(いづ)る。』

由、光國[やぶちゃん注:ママ。]卿の著述の書に見えたり。

 是は當國一般の事には、あらず。

 たけひくき人を生(うめ)るは、筑波山の北より、八溝(やみぞ)のあたりには、今も、絕(たえ)ず、短人(たんじん)を生るなり。

 按ずるに、大己貴(おほなむち)の尊(みこと)、常州の鎭座にましまし、寸長(すんつやう)、短き人にましますよし、神書に見へたれば、其故に短人多くある事成(なる)べしと、いへり。

[やぶちゃん注:「筑波山」ここ(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。

「八溝」八溝山(やみぞさん)。旧黒羽町(現在の大田原市)の北東部に位置する山で、山頂は栃木県から一キロメートル東寄りの福島県と茨城県の県境に位置する。八溝山地を代表する山で、山地の最北端にして最高峰の山である。

「大己貴の尊」「大國主命」に同じ。茨城県大洗町にある大洗磯前(おおあらいいそさき)神社は、「國つ神」の彼が「國造り」を行うため、同神社境内の前方の岬の岩礁に降臨したとされている。永く荒廃していたが、まさに光國が再興している。]

« 譚海 卷之九 駿河富士山裾の浮田つなぎ田の事 | トップページ | 譚海 卷之九 越後國新潟幷彌彥明神祭禮の事 »