フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 同秋田城朝鮮の燕來る事 | トップページ | 譚海 卷之八 甲州にてからいもの毒にあたり死たる事 »

2024/02/17

譚海 卷之八 枇杷葉湯に昆布毒の事

○天明の比(ころ)より、「京都烏丸(からすまる)枇杷葉湯(びはえふたう)」とて、數人(すにん)、大路を賣(うり)て往來する事、たえず。

 箱の内に藥爐(やくろ)を仕(し)つけて、途中にて、往來の人に、のましめ、渡世とす。

 寬政二年七月の比、ある浪人、いとあつきに、たへず、此(この)「びはよふ湯」を呼(よび)て飮けるに、其夜、悶絕して、人心地(ひとごこち)なく、目ばかり、きらめき、臥(ふし)たりしに、召仕(めしつか)へる僕(しもべ)、松前の者にて、驚き怪(あやし)み、

「是は、晝、昆布を料理して喰れたるゆゑ、批杷、のみあはせ、あしく、かく、あたられたる成(なる)べし。」

とて、やがて、昆布の毒をけす藥を、はしり行(ゆき)て調(ととのへ)、歸りて、主人へ飮(のま)せければ、蘇生したり。

 仔細を尋(たづね)たるに、

「在所、松前には、枇杷の樹を生(しやう)ぜず。寒國(さむきくに)といへども、昆布の出(いづ)る地には、必(かならず)、生ぜざる。」

よし。

「されば、昆布と枇杷とは、合せ喰(くふ)事を禁じて、恐るゝ事、甚(はなはだ)し。萬一、枇杷、昆布、喰合(くひあは)せて、毒にあたりける時は、『あらめ』を、せんじて飮(のむ)時は、やがて解(かい)する事故(ゆゑ)、心付(こころづき)て、かく、せし。」

と、かたりぬ。

[やぶちゃん注:「枇杷葉湯」枇杷の葉の毛を除いて乾燥させたものに、肉桂や甘茶などを細かく切って混ぜた散薬。また、それを煎じた汁。食傷・暑気あたり・急性痢病などに効くという。京都烏丸に本舗があり、江戸では馬喰町三丁目で山口屋又三郎が販売した。「本家京都烏丸、枇杷葉湯山口屋又三郞」と記した長方形の箱の中に、茶釜・茶碗等を入れ、天秤で担いで、往来で煎じて飲ませた。また、夏期には、烏丸の本舗及び江戸の取次店では、店頭に調製しておいたものを通行人に無料で飲ませた。「からすまる」とも呼ぶ。ここに出る、枇杷葉湯と昆布の禁忌は本当かどうかは、よく判らないが、コンブは、甲状腺疾患(この武士の急性症状は、それを指しているようには見える)を罹患している人の場合、ヨードが非常に多く含まれるため、絶対禁忌とされている。しかし、枇杷葉湯が、さらにヨードを増やすかどうかは、判らない。ただ、甚だ不審なのは、下僕が「あらめ」等毛植物門褐藻綱コンブ目レッソニア科 Lessoniaceae アラメ(荒布)属アラメ Eisenia bicyclis を与えていることである。アラメはヨードが多いんですけど? アラメについては、私の「大和本草卷之八 草之四 海藻類 始動 / 海帶 (アラメ)」及び注のリンク先を、また「昆布」は種が多様なので、是非、「大和本草卷之八 草之四 昆布 (コンブ類)」の私の注を見られたい。因みに私は海藻・海草のフリークである。]

« 譚海 卷之八 同秋田城朝鮮の燕來る事 | トップページ | 譚海 卷之八 甲州にてからいもの毒にあたり死たる事 »