フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 譚海 卷之八 諸獸の論幷獵犬の事 | トップページ | 譚海 卷之八 肥前長崎港幷おらんだ船の事 »

2024/02/18

譚海 卷之八 酒井雅樂頭殿の馬の事

[やぶちゃん注:本書の執筆時から考えて、播磨姫路藩第三代藩主で雅楽頭系酒井家第一六代酒井忠道(ただひろ 安永六(一七七七)年~天保八(一八三七)年)か。本巻の書かれた最も新しい記事は、彼が家督を継いだ寛政二(一七九〇)年であるから(九月三日家督相続)、父の先代の酒井忠以(ただざね:当該ウィキをリンクさせておく)の可能性もあるか。]

 

○酒井雅樂頭(うたのかみ)殿に、尾の長き馬、有(あり)、ながさ、七間[やぶちゃん注:十二・七三メートル。]、有(あり)といふ。公儀にも、壹疋あれど、此尾のながさに、およばず。雅架頭殿、至(いたつ)て祕藏ありて、五、六日に一度づつ、尾を、あらひ、毛のかずを數(かぞ)へ置(おく)ほどの事なり。猥(みだり)に拔(ぬき)とる事を禁ぜらる。厩別當(うまやべつたう)、尾の毛、ぬくる事あれば、其度(そのたび)ごとに、申上候ほどの事なり。

 駿馬(しゆんめ)にて、上手の人、騎(のり)はしらしむるときは、飛(とぶ)がごとく、尾、地につかずして、はしる。馬場の隅に乘詰(のりつめ)、四角に馳(はせ)て、隅より、隅へ、乘𢌞(のりまわ)すとき、尾は、なほ、此かたのすみに、のこりて有(あり)、といふ。

 尋常にも、尾のながき馬はあるものなれども、五間[やぶちゃん注:九メートル九センチメートル。]までは見たる事なれども、七間といふにおよびたるは、いまだ、見ざる事、といへり。

« 譚海 卷之八 諸獸の論幷獵犬の事 | トップページ | 譚海 卷之八 肥前長崎港幷おらんだ船の事 »